選手名鑑風2005
No ポジション 名前 身長体重 生年月日 前所属
コメント
1 GK 安藤 智安 182 73 1974.5.23 浦和レッズ
昨シーズン前半はレギュラーだったが、練習で骨折し、荒谷にレギュラーを奪われた。
復帰後は2番手としてベンチに座る日々。天皇杯、サテで見せたプレーは相変わらず。
不安定なプレーぶりなものの、「絶対ダメ」と思ったのを止めてくれることがある。
セットプレイ時の守備が不安です。今年も2番手かなぁ。
2 DF 奥野 誠一郎 181 75 1974.7.26 横浜フリューゲルス
不動のCBとして昨年は44試合フルタイム出場。怪我も出場停止もなく出続けた。
トニーニョと組むCBコンビは円熟の域で後半の連勝、J2昇格に大きく貢献。
いなくならないとなかなか身に染みない奥野の大事さを忘れないようにしよう。
3 DF 三上 和良 180 71 1975.8.29 大分トリニータ
大分より完全移籍。三上兄弟の兄。主に左SBを担当すると予想される。
大宮で7チーム目というかなりの渡りドラー。市原にいた記憶がありません。
3年連続で付けた選手が引退している背番号3の呪いを打ち破れるか?
4 DF トニーニョ 186 79 1977.12.21 ジュベントス
チーム在籍5年目となり、古株となってきたが、未だにレンタル中な大宮の守備の要。
昨季は怪我もなく、03年の反省からかそれほどキレることもなく、昇格に大貢献。
その高さは守備面だけでなくセットプレイでも重要な得点源になっている。
昇格のかかった水戸戦、昇格決定まであと10秒といった場面での見事なオウンゴールで
見るものの大爆笑を誘ったのはご愛嬌。富士急ハイランドが好き。
5 DF 冨田 大介 180 70 1977.4.24 水戸ホーリーホック
水戸から移籍してきた昨季は不動の左SBのレギュラーとして43試合に出場。
昨季新加入の選手の中では最も活躍した選手と言っていいだろう。
その不思議な得点力も開幕戦から発揮して4点。特に退場が原因の出場停止明けの
横浜FC戦での決勝点は記憶に残る1点だった。
6 MF ディビッドソン・純・マーカス 186 75 1983.6.7 アメリカン・グローバル・サッカースクール
昨季終盤にレギュラーポジションを掴み、昇格に大きく貢献した大型ボランチ。
長い足を生かしたディフェンスと、無尽蔵のスタミナが大きな武器。いいパスもある。
大宮の次代を担っていく存在感のある選手。長い名前は伊達じゃない。
7 MF 金澤 慎 174 67 1983.9.9 大宮アルディージャユース
大宮のプリンス。大宮生まれの大宮育ちで大宮ユース出身という生粋の地元選手。
昨季は1年間レギュラーとして出場し、チームを救うゴールも何度か決めた。
結婚した奥さんとの出会いは酔っ払いに絡まれていたところを助けたことらしい。
このまま順調に育てば2代目ミスター大宮襲名も時間の問題かな?
8 DF 安藤 正裕 176 67 1972.4.2 京都パープルサンガ
まさかの主将就任。そしてファン感での挨拶が「来年はJ1で会いましょう」一言だけ。
終わってみれば有限実行だったわけだ。立派に主将としての責を果たしたと言えるかと。
いろいろな発言は慣れない人々にとって物議を醸し出すものも多いが、「まぁいつものアレ」
で済ましちゃうのが1番であろう。スタミナとCKの精度はまだまだ衰えていない。
プレイがやる気なさげに見えるのはお約束。絵に密かに自信を持っているらしい。
9 FW クリスティアン 186 83 1975.4.23 グレミオ
経歴だけなら大宮史上最強の外国人選手。それだけではなく見た目も最強。見た目だけなら
ホームラン30本は固いような風貌だが、その昔には欧州CLで得点したこともある選手。
とりあえず活躍してもらわないと困るので、9番の呪いを吹き飛ばす活躍を期待。
10 FW トゥット 182 75 1978.7.2 清水エスパルス
日本に来てから8シーズン目を迎える、お馴染みの選手。大宮には昨季シーズン途中に加入。
加入当初は期待とは程遠い活躍ぶりだったが終盤に来て今までとは違った味を発揮しつつ活躍。
貴重なゴールを決め、前線からの守備でも貢献た。娘が超カワイイ。ケガとカードがなければなぁ。
11 MF 藤本 主税 168 68 1977.10.31 ヴィッセル神戸
大宮にやってきた阿波踊り職人。加入早々、自信のサイトで背番号11を貰ったことを漏らすなど
話題満載。さらに自身の血液型が今まで信じていたO型ではなくAB型だったことが発覚。
今季はサイドを担当する予定のはず。程よいクロスとドリブル突破を期待。
ゴールを決めた後の阿波踊りは今季も継続するそうなので5回くらいは見せてくれ。
12 - - - - - -
サポーターズナンバー。
13 DF 平岡 靖成 185 72 1972.3.13 名古屋グランパスエイト
選手名鑑の写真に今季の全てを賭けた男。素晴らしい。
昨季も怪我ばかりだったが、トニーニョが出場停止で大ピンチだった36節の仙台戦で
チームを救う活躍。が、その次の湘南戦でまた負傷。結局4試合しか出場しなかった。
今年は怪我せず頑張って欲しい。監督の信頼はわりと厚い。
14 FW 森田 浩史 188 78 1978.5.18 アルビレックス新潟
昨年の7月に新潟からやってきた長身ストライカー。見事に昇格請負人となった。
加入当初はモリツァを出したばかりだったので、似たようなの獲ってどうすんだという
意見もあったが、初登場の埼スタでの仙台戦でのゴールでサポのハートをがっちりと掴んだ。
その後も貴重なゴールを連発。特に圧巻だったのは39節、40節の連続89分決勝ゴール。
シーズン終了後はレンタル元の新潟と激しい引っ張りあいがあったと予想される中、見事に
レンタル延長を勝ち取った。今季も同様の活躍を期待したい。
15 MF 斉藤 雅人 172 65 1975.12.1 駒澤大学
監督の信頼厚いユーティリティープレイヤー。その利便性ゆえベンチスタートが多かった。
ある時は中盤の再構築、ある時は出場停止の穴埋め、してその正体は最後の社員選手。
複数ポジションの控え選手として、欠けると痛すぎる重要な存在の選手である。
西武ライオンズの元気者、平尾博司とは中学の同級生。
16 MF 久永 辰徳 171 64 1977.12.23 アビスパ福岡
福岡からレンタル移籍してきた昨季、シーズン当初はベンチスタートだったが、途中出場で
結果を出し、わりと早いうちにレギュラー奪取。その後は安定した活躍を見せた。
久永を語る上で欠かせないのがその抱きつき力。抱きつき率39.6%は伊達ではない。
脅威のダッシュ力で今日も得点者に向かって走りつづけるのだ。
17 MF 島田 裕介 170 62 1982.1.19 西武台高校
左足の素晴らしいキックが持ち味。夏場、得点不足の大宮を途中出場からのFKやCKで救った。
特に森田とのコンビは素晴らしく、お互いにどこらへんに蹴ってくるか以心伝心してる模様。
チームが連勝街道に乗った後は、劣勢の場面が少なく見せ場が少なくなってしまい、時間稼ぎの
交代出場ばかりになってしまった。40節川崎戦での決勝ゴールに繋がる相手を交わした
プレイは2005年大宮アルディージャ名場面の1つ。
18 DF 西村 卓朗 176 68 1977.8.15 浦和レッズ
大宮昇格のためのラストパーツとして昨季7月に加入。不安だった右SBのレギュラーを奪取。
それまで公式戦出場がなかったことが不思議なくらいのプレーを見せた。ナイス補強。
今年から大宮に完全移籍。古巣との対戦を楽しみにしてるようです。
去年はチームの約束事を守るのに精一杯だったそうで、今年からは自分の色を出していくとか。
19 DF 片岡 洋介 179 73 1982.5.26 国士舘大学
国士舘大学より新加入。昨秋の関東大学サッカーリーグのベストイレブンに選ばれた。
フィジカルに自信のあるCBらしい。CBの壁は厚いが層は薄いので早く出てきて欲しい。
高校は西武台でシマの1つ後輩。大学では安藤正や西村の何年か後輩。
20 GK 荒谷 弘樹 192 82 1975.8.6 川崎フロンターレ
一部の人にとっては2005年最大のサプライズと言っていいかもしれない荒谷の正GK奪取。
安藤智安負傷後にレギュラーを獲得し、試合を重ねるごとにパワーアップ。
最後の連勝時には堅守大宮を一番後ろで支える立派な巨大守護神になっていた。
今年も多分レギュラー。伝説巨神アラタニで降格争いからランナウェイ。
21 GK 高木 貴弘 185 76 1982.7.1 ジェフユナイテッド市原
昨年のチーム離脱者第1号。その後はサテライトや教育リーグで試合に出ていた。
安智負傷でチャンスかと思ったが、その後は荒谷が定位置を掴んでしまい、チャンスを逃す。
GKは長い目で見てもらえると思うので、腐らずがんばって欲しい。荒谷みたいに。
22 GK 田中 賢治 189 76 1983.12.13 大原学園JaSRA
本気になったら大原出身の大型GK。チームでは荒谷に継ぐ長身。
GKは長い目で見てもらえると思うので、腐らずがんばって欲しい。荒谷みたいに。
23 DF 鈴木 将太 171 61 1984.7.3 桐光学園高校
突貫系スピードサイドプレイヤー。プレイスタイルは前へ突破することが主。
2年目の昨季はトップでは全く使われることなくシーズンを終えてしまった。
サイドだけでなくFWもやるよう?だし、目指すはロッベンってとこでどうか。
坊主にしたら思いのほか人相が悪くなってて怖かった。
24 MF 橋本 早十 175 63 1981.9.15 駒澤大学
ルーキーイヤーの昨季、トップでの出場は天皇杯のアローズ北陸戦のみだった。
その試合で1得点1アシストと活躍したが、リーグ戦でのベンチ入りは43節札幌戦のみ。
その札幌戦でも試合展開上出場するチャンスがなかったのは残念だった。
今季はリーグ戦初出場なるか。左足が武器。
25 DF 田中 輝和 172 66 1985.7.14 四日市中央工業高校
高卒ルーキーとして加入した昨季は教育リーグやサテライトでSBとしてプレイした。
同期の石亀に比べると名前のインパクトが地味。若手ジョッキーにいそうな顔
26 FW 大沢 朋也 165 58 1984.10.22 帝京高校
高校時代は帝京高校の10番でアイドル的存在だったドリブラー。昨季はトップでの出場はなし。
いいお手本になりそうな桜井様が加入したので、何がしか学んで将来の糧としていただくたい。
昨年「帝京時代を引き摺ってる」って書いたら掲示板で怒られた。今や引き摺るものもないだろう。
27 FW 横山 聡 173 65 1980.2.14 早稲田大学
大宮には貴重なスピード系FWとして重宝される選手。昨季の3得点は、いずれも貴重な得点。
熊谷での甲府戦では出場即決勝点を叩き出し、その後のゆたぽんとのベンチ争いに勝利。
FWのポジション争いは厳しいと思うが、生え抜きの意地を見せて欲しいところ。
体ごとゴールに突っ込んでいくようなシュートが持ち味。
28 DF 辻田 真輝 180 72 1984.8.3 星稜高校
そろそろ勝負の3年目を迎えるDF。が、グアムキャンプで骨折をしてしまい出遅れることに。
昨季はサテライトでSB。ついでにCBも。今季の目標はとりあえずリーグ戦初出場かな?
顔はツッコミ系の顔。インパルスの堤下とかそういう感じの顔のような気がする。
29 DF 石亀 晃 176 65 1985.5.20 前橋育英高校
ルーキーイヤーの昨季はサテライトで左サイドを担当。SBやMFで出場した。
精度の高い左足のキックが武器。高校時代にはCKから直接ゴールを決めたことも。
東北大学のバドミントン部に同姓同名の人が。結構珍しい名前なのに。
30 FW 桜井 直人 170 65 1975.9.2 東京ヴェルディ1969
必殺の「サクドリ」を持つリーグ屈指のドリブラー「桜井様」が大宮に新加入。
「地元でやりたい」という心意気がなんとも素晴らしい。
故障を抱えてるのがやや心配だが、きっと大宮でもチームの危機を救ってくれるハズ。
レギュラーとしてスーパーサブとして夢は広がる。


戻る