›5 07, 2004

私と磯山

Posted by try at 18:51 / Category: 磯山和司 / 0 Comments / 0 TrackBack

私が磯山和司のゴールを始めてみたのは、2000年の平塚での湘南戦。
思えば平塚で湘南に勝った最後の試合だったりする。
この試合、磯山は前半で2ゴールを決めた。
2000年にはキャリアハイの8点も決めているが、生で見たのは多分この2点だけ。
2001年は4点決めたけど、生で見たのは0。
10/6の鳥栖戦はヤクルトの優勝決定戦と重なってしまい、行けなかった。
2002年は0点。当時札幌の小島宏実とトレードされた形になり、途中でJ1へ。
果たして札幌では役に立っていたのだろうかと思い調べてみたら5試合で0点。
シュートも0。FWなのにな。
そして次にゴールを見るのは去年の開幕戦の見事な先制弾だったりする。
自分の磯山運が悪いのか、そもそも磯山の得点が少ないのかはわからないが
磯山の得点は思ったより生で見ていない。
今後は大宮戦以外での磯山の得点を生で見たいものである。
水戸に移籍した今季は開幕からスタメンで出場し続けて、早くも2得点。
ただしシュートは10試合で8本と磯山の特性は消えていないようだ。

磯山といえば茨城出身なんだが、自分の知ってる有名な三大磯山である
磯山和司、磯山良司(江戸むらさき)磯山さやかの3人とも茨城県出身である。
茨城県に多い苗字なのかと思ったら、それほどでもないみたいだったので、これは偶然なんだろうか。
ちなみに茨城県で他県に比べて異常に多い苗字は「根本」
しかも磯山和司と磯山良司の2人は下妻市出身のようだ。下妻に何か秘密があると思いたい。

lotさん、こんなもんでよろしいでしょうか?