›10 31, 2004

バレー「チームは正しい道を歩んでいる」

Posted by try at 23:15 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 9 TrackBack

【J2:第40節 大宮 vs 川崎F レポート】
王者川崎Fを破り、大宮が破竹の9連勝で貴重な勝ち点3をあげる

J's GOALのレポートです。

大宮初J1へ残り1分また森田弾/J2<ニッカン>
大宮 森田一発で昇格前進<スポニチ>
川崎撃破で大宮次節にもJ1昇格<報知>
スポーツ新聞各紙にも記事が出てくるようになりました。

「さいたま市西区少年少女サッカー教室」実施!
昨日の今日ですがお疲れ様。子供の中に入ると荒谷のデカさが目立つ。

さてさて、ウハウハさんとのバトルにも勝利。
昨日は御二方とも体調不良で欠席だったので、急遽「オススメビデオバトル」になりました。
何本かオススメしておきましたので、そのうち感想が載ると思います。
来年もブルーフレンズに入ることにします。

昨日の観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月30日 第40節 VS川崎フロンターレ 大宮公園サッカー場

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35→66分 斉藤雅人 15
DF 奥野誠一郎 2
DF トニーニョ 4
DF 冨田大介 5
MF 金澤プリンス慎 23
MF デビ純 26
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16→78分 島田裕介 17
FW バレー 11→84分 横山聡 27
FW 森田浩史 34

川崎
GK 吉原慎也 17
DF 谷口博之 29
DF 伊藤宏樹 2→44分 岡山一成 32
DF 佐原秀樹 3
MF 木村誠 22→74分 飛騨暁 26
MF 久野ベティ智昭 8
MF 中村憲剛 14
MF 長橋康弘 20
MF マルクス 11
FW ジュニーニョ 10
FW 我那覇和樹 9→59分 黒津勝

得点 41分 大宮 バレー
   74分 川崎 マルクス
   89分 大宮 森田浩史
  
前節、鳥栖戦を森田の劇的なロスタイムで拾って8連勝を達成した大宮。
今節の相手はJ2最強の川崎。しかし寺田、箕輪を出場停止、怪我でそれぞれ欠き
そこが不安だとか。大宮もトゥットが負傷でいず、バレーが久しぶりの先発。
試合開始前に新潟中越地震の犠牲者の方への黙祷がありました。
さて雨の降りしきる中前半スタート。試合開始直後は大宮が攻勢。何度かCKのチャンスを。
しかし決められず。一方の川崎も徐々にペースを掴むものの、大宮DFの出足が素晴らしく
ジュニーニョにあまり仕事をさせない。1対1の場面を作らないように、2人、3人で囲んでいく。
さらにデビ純の出足、読み、根性と全てが素晴らしく、ことごとくボールをカットする。
お互いガチンコで物凄い攻防。肉弾戦アリ、サッカーは腕でやるもんだアリ。
そして先制したのは大宮。41分、中盤での慎のカットから森田がドリブルで運ぶ。
PA内で安藤にパス。吉原、伊藤が詰めてくる中、安藤は冷静にクロス。そこにはバレー。
ダイビングヘッドでゴール。バレーのリーグ戦3ヶ月、大宮公園での得点に限っては5ヶ月ぶり
というゴールで先制。これは今後の戦いにとっても非常に大きいゴールとなりました。
その後も大宮が攻勢を仕掛けるものの、惜しくも決まらずに後半へ。
川崎は伊藤宏樹が負傷してしまい、岡山へ交代。岡山は1年ぶりのトップの試合だそうで。
そして後半へ。前半と似たような展開。大宮が攻めるが、麻生DFラインが体を張って守る。
52分、大宮ゴール前でジュニーニョに翻弄されてしまい我那覇へパスを出されるも
我那覇のシュートは荒谷の正面。ガッチリキャッチ。我那覇が目立ったのはこの一瞬のみ。
その直後に黒津と交代してしまいました。黒津にはイヤーな思い出があるのでちょっと怖い。
61分、マルクスを倒した後、笛が鳴ってるのにプレーしたとの門で慎にイエロー。
マルクスの告げ口のせいのような。わざとやったようには見えなかったんですがねぇ。
ここらへんからどんどん主審のジャッジにストレスが溜まりはじめてきます。
その直後、荒谷がGKをミスってマルクスにかっさわれピンチに。このピンチは凌いだものの
さらにトニのパスがミスになり、ジュニに。ジュニは潰したものマルクスが拾ってPA内へ。
マルクスはシュートを打たず、ベティへ。ベティのシュートはサイドネットでセーフ。
この3分間くらいはアタフタしまくっていてピンチでしたが、なんとか凌げました。
ここで西村に代えて斉藤を入れて落ち着きと基点を作ろうとします。
68分、川崎ゴール前でバレーが潰されたコボレ球を安藤がシュート。川崎DFに当たって
外に出たんですが、判定はゴールキック。森田がPA内で倒されたのもノーファウル。
バレーが佐原に思いっきり引っ張り倒されたのもノーファウル。最後のは特にヒドイ。
と、怒りが溜まっていった後、大宮ゴール前でジュニを倒したということでファウルに。
おいおいなんだよこの糞ジャッジ。俊也ブチギレ。バックスタンドは今季最大級の怒号。
こういうFKはイヤーな予感がしたんですが、マルクスに決められてしまいます。またマルクスか。
しかし気を取り直さないと。またクソ主審がキックオフやり直しとかさせんですよ、こんな時に。
ですが勝たなければいけない大宮は冷静に試合を続けます。
1点と取りに行く大宮、78分には島田を入れ、84分には横山を入れて何とかしようとします。
そして大宮に決勝点が入る瞬間がやってきます。ロスタイム突入直前のことでした。
88分41秒、マルクスのシュートを荒谷が正面でキャッチ。
88分51秒、荒谷のスローを受けた島田が川崎の選手を1人交わして中央の慎にパス。
88分54秒、慎が相手DF2人をひきつけて右から走りこんでいる森田にパス。
88分55秒、森田が豪快に右足を振りぬく。
88分56秒、ゴール!
マルクスのシュートをキャッチしてから、森田のゴールまでなんと15秒。まさに15秒攻撃。
ロスタイムはなんと4分。岡山のパワープレイにもめげず、耐え抜いて見事勝利!
激しい試合を制して9連勝。また大きな一歩を踏み出しました。
まだまだ気を抜いてはいけません。バレーのコメント通り、まだ何も得ていないのだから。
次は三ツ沢での横浜FC戦。湘南新宿ラインも増発されたことですし、応援に行きましょう!

とりあえず思ったこと
・とにかく目立ったデビ純。MVP、MIPの同時受賞も頷けます。素晴らしい。
・森田、2試合連続で89分に決勝ゴールを決めたのは初だそうです。
・大宮で雨が降ると辛い。特にバック、ゴール裏は隠れるところすらありません。
 この天候で4500人近く入ったのはいいほう?当日オレンジ化でって人はやめそうだしねぇ。
・トニと佐原のボールの奪い合い。お互いに手を使いまくりで凄かった。格闘技かよ。
・相変わらず大宮戦では目立たない我那覇。三浦監督の特別な3人の中にも入れてもらえません。
・喪章、どうもサイズが大きいのか合わない選手がいまして、外してました。いいのか?
ちあさんに鎌倉土産を貰いました。ありがとうございました。
 「晴れた日は巨大仏を見に」を読みながら食べようと思います。

›10 30, 2004

また森田━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

Posted by try at 17:47 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 2 TrackBack

また森田でした。間違いなく神。

微妙な判定のFKで追いつかれたけど、その後に決勝点を取れる強さが今の大宮にはある。
DFも頑張った。感動した。まだまだ止まらずに行こう!

メディアへの露出が増えてきた

Posted by try at 01:19 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

大宮アルディージャ試合中継のお知らせ
なんと11月の試合は全て生中継アリ。札幌戦以外はホームと近場の横浜ですが。
テレビ浦和ことテレビ埼玉も重い腰をやーっとあげてくれました。ウチ映んないですけどね。

FM NACK5「Jリーグ・ストームライブ」横浜FC戦・水戸戦2試合生放送決定!
ゲストのLeadとかも大宮公園に来て生放送するんですかね?
ここらへんのファンの女子の空気の読まなさはスゴイもんがあると思うんで不安。

「Footival 1月号」島田選手と愛犬ムックがカラー4Pで登場!
うわ、帽子被ってるよ帽子。ムックはカワイイですねぇ。来月のFootivalです。

さて今週は大宮関係の記事が載ってる雑誌がサカマガ、サカダイ、Footivalと多数。
サカマガではえのきどさんの山形ー大宮戦観戦記。深夜バスで行ったんですか!
時間が余って大変そうでした。山形のデーゲームは深夜バス向いてないですよ。
そして慎のインタビュー。「やることは変わらない」、その通りです。TUTOゴールの弾幕紹介もあり。
続いてサカダイ。安藤正裕主将の「TIHS IS MY BEST」。大宮という文字はほとんど出て来ません。
ま、このコーナーはいつもこんな感じだし、いいんじゃないでしょうか。
最後に「Footival」。奥野と慎の対談。これはなかなかいい対談でした。
奥チャンって呼んでることにちょっと驚き。奥野はスーツを着る仕事はイヤだとか。似合いそうなのに。
対談の次のページはゾノさんコーナー。試合出てないっすねー。ヒマそう。
あとマリノスの栗原のシャツが普通に破けてるようにしか見えないのが印象的でした。

忘れちゃいけないEL GORAZO。編集部が選ぶJ2ベストイレブンというコーナー。
右SBに安藤正裕主将、CBの1人にトニ、そしてCBのもう1人はなんと斉藤雅人!
EL GORAZO編集部にはピムでもいるんでしょうか?奥野と間違えた?

サテライトリーグ(アルビレックス新潟戦)中止のお知らせ
サテの新潟戦はやはり中止。当然の処置でしょう。
これによってBグループ2位でフィニッシュとなりました。

明日は雨中の川崎戦

Posted by try at 00:08 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

【J2:第40節 大宮 vs 川崎F プレビュー】
J2最高峰の好カード。大宮は川崎Fの攻撃力を封じ込められるか?

J's GOALのプレビューです。今季のここまでの両者の対戦を振り返ってます。
相手はJ2史上最強と言っていいであろう川崎。すでに余裕のJ1昇格&J2優勝。
しかもその後も手綱を緩めずに連勝中。京都を6-2で虐殺するなど容赦はありません。
その川崎は箕輪がケガ、寺田周平が出場停止でいません。
ちゅーことは伊藤宏樹、佐原、あと誰?という感じになるんでしょうか。
どっちにしても組み慣れてないDFラインになりそうですね。
そのDFラインと吉原の間にボールを蹴って、吉原が飛び出してくるのを待ちますか。
守備面は不安そうですが、攻撃面はジュニーニョもいますし、マルクスも好調。怖いなぁ。
まぁなんにせよ勝つのが難しい相手です。なんか前回のこと根に持ってる人もいそうだし。
あの等々力での勝利、まだ第3クールだったんですよね。なんか遠い昔の気がしてきました。
とにかく大宮としては勝点を落としたくありません。勝てば大きな大きな一歩。
妙に気張らず、いつも通り普通に行きましょう。そしてコソっと勝ちましょうか。

「西都デー」のお知らせ
ということで西都デー。ヒマラヤ岩塩入浴剤、前回貰ったのはまだ使ってません。
さらにケータイでMIPの復活も。

「新潟県中越地震被災に関する義援活動」協力のお知らせ
明日は選手による義援金募金活動もあるそうです。少しですが募金したいと思います。

「チラシ配布大作戦!!」実施!
チラシも撒きました。86年越しのバンビーノの呪いが解けたんだから、チラシ配りのジンクスくらい
どうってことないでしょ、と思いたい。

そして4度目となるウハウハさんとのバトル。雨の中になりそうなのがツライところです。
大宮は雨が降ると懲罰をやる場所がないんですよねー。

›10 27, 2004

この時期に…

Posted by try at 21:55 / Category: 大宮アルディージャ / 2 Comments / 0 TrackBack

選手の負傷について
トゥットの怪我は全治3週間だそうです。キレが戻ってきただけに痛い、痛すぎる。
天皇杯があるのは不幸中の幸いですかね。これでトゥットの日本平への凱旋はなくなりました。

川崎戦を満員に!「チラシ配布大作戦!!」
遂にチラシを撒いちゃいます。撒いたところにはあまりいいことがない今年のJ2のチラシ配布。
ジンクス破りの今年の大宮としては大成功の結果に終わるものとポジティブに予想しておきます。
残念ながら配布時間には全然間に合いません。

サテライトリーグ(vs新潟)試合延期のお知らせ
新潟中越地震の影響で安全面の確保が困難なための措置だそうです。
新潟はトップの柏戦も延期。大変ですがもう少し落ち着かないとやってられないでしょう。
サテの試合なんて延期じゃなくて中止でも問題ないと個人的には思います。

被害にあわれたみなさんにお見舞い申し上げます。小額ですが募金してきました。
よく見させてもらってるCURVA AZULさんに義捐金送付先などよくまとまっておりました。
今なら下のほうにバッター岩本画像も。意外なとこで目にして驚きますた。

›10 26, 2004

遅いよ観戦記

Posted by try at 23:35 / Category: 観戦記 / 0 Comments / 0 TrackBack

シールドカッター
ジオサイトの見学会とか見に行ってたら観戦記が遅れてしまいました。
しかし結果を知ってから見ても、全然点が入りそうな気がしてドキドキ。
ロスタイムも本当に点が入るのか最後までわかりませんでした。勝ってよかったー。

そんな中世間では日本シリーズが終わって西武が優勝してました。
ワッショイさんおめでとう。
見に行った試合全部負けたそうですが。まさか石井貴がシリーズMVPになるとは。
中日はまたしても日本一を逃しました。やっぱドメがいないのがねぇ、タダでさえ弱い打線が…。
ま、最後は凄く盛り上がったとはいえませんが、無事に終わって良かった。
日本シリーズの開催が危ぶまれていた時期もあったことを考えればねぇ。

鳥栖戦の観戦記は続きを読むでどうぞ。

10月24日 第39節 VSサガン鳥栖 鳥栖スタジアム

劇的!森田弾。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35→72分 斉藤雅人 15
DF 奥野誠一郎 2
DF トニーニョ 4
DF 冨田大介 5
MF 金澤プリンス慎 23→54分 島田裕介 17
MF デビ純 26
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16
FW トゥット 10→26分 バレー 11
FW 森田浩史 34

鳥栖
GK シュナイダー潤之介 14
DF 朝比奈伸 2
DF 佐藤陽彦 27
DF 山道高平 17
MF 落合正幸 8
MF 本橋卓巳 10
MF 中村祥朗 16
MF 高橋義希 28
FW 小石龍臣 23→43分 伊藤彰 19
FW 佐藤大実 7→85分 加藤秀典 13
FW 竹村栄哉 18→77分 鳴尾直軌 9

退場 35分 鳥栖 佐藤陽彦

得点 89分 大宮 森田浩史

前節、山形との大一番を制し、残り6試合で勝点差を6と広げた大宮。
土曜日の試合で山形が勝っているため、この試合で負けたら元の木阿弥。
絶対に勝って勝点差を縮めさせたくないところ。
そんな状況で苦手の鳥栖スタジアムでのサガン鳥栖戦。厳しい戦いが予想される。
素晴らしい天候、そして芝の養生が終わった鳥栖スタジアムの芝は物凄く美しい。
前半、いつものような試合の入り方をする大宮。無理に危険を冒さずゆっくりと。
26分トゥットが右足を負傷し急遽バレーと交代。接触プレーではない模様。心配。
35分ボールをカットして森田がドリブル。それを佐藤陽彦が後から引っ張ったとして
なんと一発レッドで退場に。一応森田はシュートを打ってるんだが、とにかくレッド。
これはイヤな展開になったと思ったのは鳥栖サポだけじゃなく大宮サポもかも。
相手が10人になって良いことがあった記憶がほとんどないのですよ。
結局はその通りの結果に。タダでさえ堅い鳥栖。さらに守って守っての意識が
高まってしまったようです。結局前半は両チームスコアレス。
そして後半。「残り45分で1点を取りに行くぞ。」とは三浦監督のハーフタイムコメント。
後半開始早々、バレーのポストプレーからの絶好のチャンスで森田がシュート。
しかし右に外してしまいます。これがきっかけだったのか攻めあぐねまくる大宮。
早めに島田を投入して突破口を開こうとしますが上手く行きません。
さらに72分には西村に代えて斉藤を投入し、さらに攻撃的にします。
が、それでもどうしても得点にならない。
83分、CKの競り合いからこぼれたところを奥野がフリーでシュートしますが上に外れます。
珍しく頭を抱えてしゃがみこむ奥野。悔しさが伝わってきます。
88分のバレーのシュートはDFにナイスブロックされ、ロスタイムに突入。
そのロスタイムも徐々に経過して行き、92分、伊藤彰が復讐のドリブル&シュート。
かなり時間を使われます。92分、パスがあわずに鳥栖スローインになったときはもうだめか
と思いましたが、その直後、奪ったボール左サイドの冨田へ。冨田のクロスを森田がヘッド。
これがゴールの右隅に決まってやっとやっとやっと先制。森田は神。
本当に最後の最後のチャンスでゴールを決め、劇的な勝利。なんとかかんとか勝点3をゲット。
21本シュートを打って、その21本目が値千金のゴールとなりました。
次節は川崎戦。まだまだ山はたくさんあるようです…。

とりあえず思ったこと
・森田、よく決めてくれた。ま、その前のチャンスもあったにはあったんですが。
・トゥットの怪我は心配。大丈夫かねぇ。いないと困るのですが。好調だっただけに…。
・今シーズンも鳥栖には苦しめられました。3勝1分と勝ち越し、結局無失点だったんですが
 その3勝は全て1-0。しかも得点時間は82分、85分、89分とどんどん遅くなってる…。
 印象に残るゴールが多いですね。桜咲く中の慎のビューティフルゴール、シマの直接FK
 そして今回の森田。
あゆみさんにそそのかされるまま鳥栖に向かってれば良かった…。

›10 24, 2004

パワースレーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

Posted by try at 15:08 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 13 TrackBack

ヴェルディのGKユニがピンクなのは

Posted by try at 00:58 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 2 TrackBack

小野寺さん
ベレーザの小野寺選手が着るためなんじゃないかと思う。
似合ってました。活躍の場面はほとんどなかったけど。
本日の国立で緑のチームが獲った得点はあわせて4点+11点であわせて15点。

国立の前は等々力に行ってました。かんのさんチケットありがとうございました。
シンデレラ、40秒ゴール、80分間中だるみ、関口の頑張りとそれなりにいろいろありました。
そんな中でもジェイソンとの久々の再会が1番心に残りました。

鳥栖戦前日練習
山形は今日勝ちました。こちらも気を引き締めて行きましょう。絶対に負けられん。
選手も監督もまったく緩まってません。
明日の鳥栖には行けませんが、コチラとバトル。

【J2:第39節 鳥栖 vs 大宮 プレビュー】
堅固な守備を多彩な攻撃で打ち崩せるか?鳥栖が、大宮の強力攻撃陣を迎え撃つ

J's GOALのプレビューです。書いた人、大宮の試合あんま見たことないでしょ。
>後半途中から森田に代えて高さのあるバレーが入り攻撃の意図を明確にすることが多いので
ってねぇ。逆ならわかるんですがねぇ。

『横浜FC戦応援バスツアー』参加者募集のお知らせ
11/6の三ツ沢での試合のバスツアー。2000円です。チケットはついてないです。
2000円でチケットついてたらそれはそれで驚きですけど。
集合時間早いなぁ…。湘南新宿ラインだと大宮から横浜までは1時間なんですが。
ともかくバスツアーでも本数が増えた湘南新宿ラインでもいいので三ツ沢に応援に行きましょう。
普段アウェイはいいやーと思ってる人も、この機会くらいは是非。そう遠くないですし。

教育リーグ(vs筑波大学)試合日程決定
11/3に秋葉の森で。

「週刊サッカーマガジン 11月9日号」に金澤 慎選手登場!
来週のサカマガに金澤のインタビューが。サカダイには安藤正が登場しますし両方チェックですね。

はっちゃくさんへ
日本シリーズで中日が勝星をリードしたのは1974年の3戦目を勝利して2勝1敗として以来です。
王手をかけたのは唯一の日本一である1954年以来。このときのシリーズMVPは杉下茂ですよ。
いつの話だ。

›10 19, 2004

敵地グルメを見て思う

Posted by try at 14:06 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

敵地グルメ 第38節山形戦
カリーパン食べ逃したぜ。
あと観戦記にも書いたけど、きのこ弁当とか売ってたおっちゃんたちはオレンジ化計画やったら
堂々と大宮公園に入場無料で入れると思う。そんな色のビブス。

そして
>このゼリーの製造元の会社がある山形県東置賜郡高鼻町は「まほろばの里」と言わ
れています。

「高鼻町」じゃオレンジスクエアやサッカー場の住所じゃないですか。正しくは「高畠町」ですよ。

「彩の国 歯の祭典2004」イベント模様
辻田はやっぱりイベント担当が向いてるみたいですね。

EL GOLAZOの今週月曜発売号には先日の山形-大宮戦に一面を割いてました。
やはりJリーグの試合後は楽しめそうです。他のJ2の試合も戦評と採点あるし。
今週水曜発売号でも「J2スターを探せ」という特集があるそうです。首都圏の方はどうぞ。

›10 17, 2004

手に入れたもの、プライスレス

査収物
ここ2、3日で査収したものをご紹介。
右上・神宮最終戦で岩村さんがスタンドに投げたのを拾ったリストバンド。
左上・スウィングガールズのパンフレット。
右下・勝ちピー。
左下・近所の甲府サポの人と勝ちピーと交換でゲットした水戸土産。
背景・今日、国立の近くで配っていたフリーペーパーの裏面。ちなみにリュングベリ。

しかし日本シリーズしょっぱい試合ばかりですなー。蔵本のポロリはニュースで見て笑いました。
松坂大輔やられパターンのその2ですよね、今日は。引っ張りすぎて大失敗パターン。
その1は好投すれど援護なしパターンですよね。
コチラコチラのバトルの行方のみ楽しみです。

【J2:第38節 山形 vs 大宮 レポート】試合内容でも圧倒した大宮が、2位を維持。昇格へ向け大きく前進!
J's GOAL のレポートです。
アルディージャ快勝 サポーター沸く
こんな記事も。スポーツバーも人集まったんですねぇ。オレンジスクエアとあわせて200人くらい?

観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月16日 第38節 VSモンテディオ山形 山形総合運動公園陸上競技場 ○3-1

最大の山場。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35
DF 奥野誠一郎 2
DF トニーニョ 4
DF 冨田大介 5
MF 金澤プリンス慎 23
MF デビ純 26
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16→89分 島田裕介 17
FW トゥット 10→83分 バレー 11
FW 森田浩史 34→77分 斉藤雅人 15

山形
GK 桜井繁 16
DF 迫井深也 5→72分 根本亮介 20
DF 小林久晃 4
DF レオナルド 27
DF 内山俊彦 13
MF ☆大輔 11
MF 大塚真司 6→55分 高橋健二 7
MF 永井篤志 8
MF 宮沢克行 28
FW 大島秀夫 9
FW 梅田直哉 29→58分 林晃平 19

得点 大宮 34分 トゥット
   大宮 47分 トゥット
   大宮 53分 森田浩史
   山形 76分 大島秀夫
  
勝点3差で凌ぎを削る両チーム。お互いにココ最近負けていない好調同士。
3位の山形はホームということでなんとしてでも勝ちにくるハズ。
その山形に対して、大宮はほぼ完璧な試合運びだったといえるだろう。
前半。やはり勝ちにきた山形が攻勢。何度か攻め込まれるが、冷静に対処。
最初のチャンスは11分、中盤でボールを奪ってからのカウンター。
ゴール前の混戦からのトゥットのシュートは弱くてDFにクリアされる。
その後は山形の中盤でのボールをうまく奪っての攻撃が増えてくる。
セットプレイのチャンスも増えてきて点が入りそうな感じ。
25分のCKからのヘッドは大塚にクリアされる。くそー大塚かよ。
そして34分、トゥットの守備からカウンター。西村が右サイドを上がってクロス
ゴール前の混戦のコボレ球をトゥットが上手くコントロールしてシュート。
これが決まって大きな大きな先制点をゲット。トゥット、ついに本領発揮か。
前半最大のピンチはロスタイム。大島の素晴らしいシュートを荒谷が神セーブ。
これ決まってたらどうなってたかわからなかったですから、非常に大きい。
さて後半。開始早々、またもハーフウェイ付近でボールを奪い、トニからトゥット。
ゴール前で森田とワンツーで抜け出し、サイドに突き刺して2点目。ツトスゲー。
さらにその6分後、大塚のパスからトゥットがドリブルで進み、2列目から出てきた
デビ純にスルーパス。デビ純は完全に抜け出し、GKをかわし、柔らかいクロス。
上げた先にはどフリーの森田が。難なくヘッドでゴールして3点目。3点リード。
さらにその後、金澤がドリブルで抜け出してPA内で倒されるが、シュミレーションで
イエローを出される。どこ見てんだよー、辺見という感じ。
その後は山形が攻勢。しかし大宮はうまーくいやらしく時間を使い、凌いでいく。
出来ればこのまま終わりたかったが、76分ゴール前の宮沢のFKを荒谷は防いだものの
ポストに当たったコボレ球を大島に反応されて決められてついに失点。
さらに山形は攻撃的シフトでくるが、次第にロングボールが多くなり、単調な攻めに。
それを普通に凌いで逃げ切って勝利。大宮ゴール裏からは遠くの世界の出来事なので
ちょっとドキドキしたけれど、選手のコメントを見るとそうでもなかったようです。
この大一番を見事な勝利で終え、また一歩近づいた。まだまだ気を抜かずに行きましょう。

とりあえず思ったこと
・無失点が途切れちゃったのは残念だけど、こういうとこで失点しといて良かったのかも。
・奥野がインタビュー通り、選手間の間隔を大事にしているようでした。
 頻繁に手振りで間隔を調整してました。
・トゥットの2ゴールは素晴らしい。来てくれてよかった。
・デビ純はスゴイ。ずっと動いてた。休養充分でスタミナ爆発。
・☆、大塚の復讐コンビ。☆は怪我の影響か?目立たず、大塚には1つのゴールを防がれ
 そのかわり1つのゴールをアシストしてくれた。
・山形はJ1、J1と盛り上がっていたなー。観客も一杯でした。それもプレッシャーになったかな?
・玉こんとかを売ってたおじさん達がオレンジのビブスな上に、「NTT DOCOMO」と書いてある
 ビブスだったので味方に思えました。玉こんウマー。リンゴは美味しかったけど重いのでスルー。
・行きは高擶駅から歩いてみました。遠くなかったです。平塚駅から競技場くらいかな?
 電車の本数が少ないので有効なルートではないかもしれませんが。

大きな1勝

Posted by try at 00:57 / Category: 大宮アルディージャ / 2 Comments / 0 TrackBack

試合前の風景
どのチームに勝っても勝点は同じ3。だが競ってる相手を蹴落とせるのは直接対決だけ。
第4クール開始前に僅差でひしめいていたライバル5チーム中、4チーム直接対決で撃破。
とても価値のある勝利です。観戦記等は明日にでも。

帰りに山形駅そばの映画館で「スウィング・ガールズ」を見てきたんですが面白かったです。
山形が舞台の映画なので、山形で見てみようかな、と。
少年が土手を自転車で転げ落ちるシーンが1番良かったです。

「彩の国 歯の祭典2004」イベントに選手参加のお知らせ
いろんな祭典ありますね。

›10 16, 2004

山形戦前日

Posted by try at 00:03 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

【J2:第38節 山形 vs 大宮 プレビュー】2位と3位の直接対決は、勝利至上の大決戦!
J's GOALのプレビューです。これよりEL GOLAZOのプレビューの方がよく書いてあったかな。
「大宮戦得意の秋葉」って書いてあったし。

山形戦前日練習
「残り7試合は全て大事」「自然体」「いつも通り」、これを忘れないようにいきましょう。

モンテディオ山形戦LIVE中継のお知らせ
山形に行けない方、スカパー見られない方、LIVE中継やってます。
オレンジスクウェアは外からガラス越しに見るんすかね。中には何人も入れないですよねぇ。
BILLIARD DARTS SPORTS CAFE &Aは1階がゲーセンのビルですよ確か。

「週刊サッカーダイジェスト 11月9日号」に安藤正裕選手登場!
何気にサカダイへの登場が増えています。再来週は安藤正裕が登場。
「なんでもベストワン」みたいなコーナーですよね。

大宮サッカー場改修へ、の記事。いろいろ励みにして頑張ろう。まずは目の前目の前。

›10 14, 2004

清水の前にとにかく山形

Posted by try at 23:09 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 19 TrackBack

2004Jリーグディビジョン2第38節モンテディオ山形vs大宮アルディージャ戦のご案内
アウェイっぽい扱いになっております。湘南戦の時より広いぜ!
「おはよう庄内往復きっぷ」で山形に行ってきます。往復新幹線、大名旅行ですよ。
山形に勝って、がっちり2位固めと行きましょう。

清水のみなさん、ということで日本平にはうかがわせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。まだまだ先のことですけど。
先のこと過ぎて安藤やトゥットが試合に出るのかわかりゃしません。
その2人が出ない場合は、若松が出ます、多分。

「ササキ様に願いを+」にはかぷネタなんて1ミリも出てこねぇですよ。
「混セ」ではやっぱりあげあしトリオが!もう全員いませんが…現役すらシカゴに1人だけ。
今日も危うかったですね、まさか1ヶ月に2度もくらいそうになるとは!<きう助さん

›10 13, 2004

奇跡の変更

Posted by try at 18:02 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

[第84回天皇杯 全日本サッカー選手権大会 4回戦]
清水エスパルスvs.大宮アルディージャ(日本平) 試合日変更のお知らせ [ JFA ]

何だか知らないけど14日から13日に変更キター。わーい。
これで日本平に行けます。行ったことなにので非常に楽しみ。
でも13:00試合開始って早起きしなきゃな。

›10 12, 2004

天皇杯4回戦組み合わせ

Posted by try at 19:01 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 1 TrackBack

天皇杯4回戦以降組み合わせ(pdf)
大宮は11/14(日)13:00から日本平で清水と対戦することが決定。
確か清水とは公式戦で対戦したことはなかったハズ。楽しみです。
それにしてもアッサリと開催権捨てましたねぇ。J2勢では大宮と湘南だけがアウェイです。
まぁ埼玉県サッカー協会としては儲からないし、別にいいのかね。
FC東京と仙台の勝者とやる5回戦を勝つと、準々決勝はさいスタで埼玉ダービーになるようで。
が、両チームとも埼玉まで帰ってこない気がするのは私だけではないはず。
川崎って毎年神戸とやってない?横浜FCは広島かー。コレみて組み合わせ決めたな、絶対。

日本平、行きたいわけですが、法事のため行けません。一周忌ですよ、えぇ。
13日にしてくれればなー。13日は柏か味スタに行くことにします。笠松も見たいけど、ちょと遠い。

サテライトリーグ試合結果
サテライトリーグ試合総評、コーチ・選手コメント
秋葉の森で行われた新潟とのサテの試合は0-1で敗戦。船越に決められました。
新潟のメンツが結構強そうなので、力負けってとこでしょうか。

〜2004年 第59回国民体育大会 彩の国まごごろ国体〜
「さいたま市炬火採火式」に岡本 隆吾普及部コーチ登場!

池山と隆吾の夢のツーショットが!

›10 11, 2004

どよめく国立

Posted by try at 00:27 / Category: その他 / 0 Comments / 0 TrackBack

広島ユースの円陣
夜は国立へ。タダでしたよー。タダなのに手荷物検査ってのは初めての経験でした。
試合は終始広島ユースが押しまくり。うまいねー。スゴイパス回しすんのね。
鵬翔もカウンターから作るチャンスは決定的なものが多い。そして先制しちゃいます。
だがしかし広島の前田俊介がスゴイ。みんな上手いけど1人だけ抜けてる。
結局3-1で広島ユースが勝利。明日の決勝へと進むことになりました。

某選手も頑張ってましたよ。サイドチェンジのパスが凄かったですよ。>きう助さん

天皇杯3回戦

Posted by try at 00:03 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

アローズサポのみなさん
天皇杯3回戦、微妙なタイミングの開催で不安でしたが、何とか2-1で勝てました。
ま、このCBコンビで1点で済めば上出来の範囲でしょう。
そういやトップのチームが失点したのってエライ久しぶりだったんですな。
これをトップと呼んでいいのかは微妙ですが。

観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月10日 天皇杯3回戦 VSアローズ北陸 大宮公園サッカー場 ○2-1

天皇杯、と言われましても。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 斉藤雅人 15
DF 若松大樹 3→89分 松本大樹 18
DF 木谷公亮 13
DF 西村卓朗 35
MF 氏家英行 7
MF 島田裕介 17→67分 喜名哲裕 6
MF 久永辰徳 16
MF 橋本早十 24
FW バレー 11
FW 森田浩史 34→76分 横山聡 27

アローズ北陸
GK 平地由享 1
DF 三好拓児 3
DF 金丸秀和 5→67分 小林羊汰 10
DF 山本寛幸 22
MF 山本翔平 6
MF 川崎元気 8
MF 川上秀治 9
MF 石橋直希 13
MF 小柴誠 14
FW 上園和明 19→84分 永濱裕規 17
FW 北川佳男 11

得点 大宮 12分 バレー
   大宮 46分 橋本早十
   北陸 75分 北川佳男
  
ということで今年からレギュレーションが変わって9月から開幕している天皇杯です。
1回戦、2回戦は既に終わっていて、本日の3回戦からJ2のチームが登場です。
んが、ご存知の通りリーグ戦は山場。主力は休ませたいけど、勝たなきゃいけないし…。
複雑な心境の中、普段のスタメンから8人を入れ替えた大宮。
木谷と若松のCBコンビという気絶しそうなCBコンビに、西村は左サイドバックの練習
島田はサテでよくやってるボランチ、久永が右に入って、左はトップ初出場の橋本
FWにバレーと森田。そしてGKは富山出身の荒谷ではなく安藤智安でした。
前半。アローズの出足が早く、思うようにボールを前に運べませんでした。
が、12分に橋本のスルーパスからバレーが抜け出してゴール。バレーの大宮でのゴールって
いったいいつ以来になるのでしょうか。とにかく久しぶり。
その後まぁ攻めてはいた気が。が、雑い攻撃だったんで、得点にはいたらず。
が、アローズのチャンスもあまりなく、CBコンビも危ないながらも凌いでおりました。
で後半。開始早々森田の胸でのパスを走りこんだ橋本早十が見事なシュートでゴール。
その後は前半と同じ感じですかねぇ。喜名が入って、橋本がボランチになったけど、
特に何も起こさなかったし。喜名ボランチで、橋本は左のままってのが見たかったかも。
んじゃこのまま閉店しますか、という感じだったんですが、75分にCKから北川に決められ1点差に。
このCKは若松大先生が作り出したものだったような気がします。前にクリアする余裕が
あったように見えたんですが・・・。まぁ最終的に勝ったからいいけどさ。
さらにその後、FKからピンチになり、シュートがバーに当たるという場面までプレゼント。
最後は時間稼ぎの練習までして勝利。怪我人もなかったので、とりあえず良かったかな。
次の4回戦は12日に抽選ってことです。J1のどこと当たるんでしょうか。中途半端なとこがいいなー。
そして何よりも13日の試合になって欲しいんです。14日法事で行けないんですよ。

とりあえず思ったこと
・なんかバレーのための試合だった気も。つーかハットできるチャンスがあったような。
 最後もなんで真正面蹴るかなー。相変わらずで楽しませていただきました。
・このCBコンビはヤバイ、超ヤバイ。若松はホントヤバイと思った。木谷もカバー出来てないし。
・早十がボールを持ったとき、いろんなとこから「ハヤト」と呼ばれてちょっと迷ってた。
・西村はよく声を出してボール要求してました。あんまこなかったけど。
・シマ、王様っぽくプレー。使うより使われたほうがいい。
・アローズサポは結構たくさん。みんなメガホンを持ってるので、都市対抗風味の応援。
 応援のパターンいっぱいあった。アッコちゃんもるんですなー。
 遠いところお疲れ様でした。しょっぱい試合でスイマセン。 

›10 08, 2004

オマリー、土橋、ミューレン、池山

Posted by try at 11:50 / Category: 大宮アルディージャ / 3 Comments / 16 TrackBack

〜2004年 第59回国民体育大会 彩の国まごごろ国体〜
「大会旗・炬火リレー」に岡本 隆吾コーチ参加のお知らせ

<西コース第一区間>岡本隆吾(元大宮アルディージャ、現大宮アルディージャ普及部コーチ)
<東コース第一区間>土橋正樹(元浦和レッズ、現浦和レッズコーチ)
<中央コース第一区間>池山隆寛(元ヤクルトスワローズ、現野球解説者)

この並びを見て、あの頃の二遊間が!と思ってしまったアナタはヤクルツファン。
台風直撃しそうなのに走るんですか。

群馬FCホリコシとの試合結果
群馬FCホリコシ戦 試合総評、コーチ・選手コメント
橋本の2得点と杉本の得点で3-2で勝利。元ジェフの菅野の決められたみたいです。
橋本は調子いいみたいですね。天皇杯で使ってみてくれないかなぁ。

「秋葉の森総合公園サッカー場」正式オープン延期のお知らせ
ここのところの悪天候で工事が遅れてしまい、正式オープンは19日に延期。
11日のサテの新潟戦は観戦出来るようです。駐車場がないらしいので公共交通機関でとのこと。

キングコング風の冨田
イェイイェイ。

10日の天皇杯、晴れそうですね。よかったよかった。

リクエストしたひらりんを描いてくれてありがとうございます。>きう助さん

›10 07, 2004

アローズ北陸ってどんなもんか

Posted by try at 19:05 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 2 TrackBack

さて日曜日の天皇杯。対戦相手はアローズ北陸です。
2回戦では広島経済大学を2-0で破っての3回戦進出。
元水戸の北川と川上のゴールです。
アローズ北陸公式サイトには載っていないみたいですけど
元水戸の上園和明、そして鳥栖から森と三好がレンタルで加わってるようです。
一番最近の試合の出場メンバー(pdfです)を見ると
水戸栖ホーリーサガンといった様相を呈しています。
小石や北島が混ざってても違和感がまったくありません。
ついでにGKの平地選手は荒谷と高校の同級生だとか。そういや荒谷は富山でしたね。
もちろん荒谷が正GKだったはずです。こんなとこで同級生対決とは。
勝てるのか不安になってきましたが、大学生とかよりはやりやすいような気がします。
ケガだけはしないようにしてくだされ。負けても怒らないから。

メディアへの露出が少しづつ増えてるような気がします。喜ばしいことですね。
Jリーグ情報番組「Jリーグナイト!」にて大宮アルディージャ特集放送!
こちらは今日。三浦監督が電話で出演です。
「週刊サッカーダイジェスト 10月26日号」に奥野選手が登場!
こちらは来週の火曜日の発売です。

›10 05, 2004

アマヤとオオタケになってたら美味しかった

Posted by try at 19:07 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

井川ノーヒットノーラン!消化試合で快挙
>消化試合でのノーヒットノーランは31年ぶり
消化試合の定義ってのはどうなってんでしょうか。優勝決定後ってことかな?
きう助さんの希望により古竹ダービーは来年も存続が決定。イシカーカワイイ

「Footival 11月号」奥野選手と金澤選手がカラー7Pで登場!
奥野カッケー。よーし頑張ってFootival買おう。

カスタネットさん
その懲罰画像の元ネタは「少年ジェット」ですよ、多分。
「ウー、ヤー、ター」って知らないですか?知らないですよね…。
「ウー、ヤー、ター」のミラクルボイスはここで聞けました。

›10 03, 2004

湘南戦その後

【J2:第37節 大宮 vs 湘南 レポート】耐え抜いた大宮が1-0で勝利。貴重な勝ち点3をあげる
J's GOALのレポートです。
冨田のコメントによると4バックのセンターバックは生涯2度目だったようです。
トゥットは娘さんのいい誕生日プレゼントになってよかったですな。
毎日娘さんの誕生日だったらいいのに。

そして平岡全治3週間
平岡のこの1年は仙台戦に集約されていたのかもしれない。

ディビッドソン 純マーカス選手プロA契約締結について
デビ純A契約に。昨日の試合は負傷欠場だったようです。
山形戦には間に合いそうですね。

サテライトリーグ試合結果
サテライトリーグ試合総評、コーチ・選手コメント
浦和に0-1で敗戦。引き分けでもBグループ優勝だったんですが。
サテもあと新潟戦を2試合残すのみとなりました。次の試合は11日の秋葉の森です。
若松のCBが見られる貴重なチャンスですよ。

観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月2日 第37節 VS湘南ベルマーレ 大宮公園サッカー場 ○1-0

なでしこ。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35
DF 平岡靖成 33→11分 木谷公亮 13→74分 斉藤雅人 15
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 氏家英行 7
MF 金澤プリンス慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16
FW フェイスガード・トゥット 10
FW 森田浩史 34→78分 バレー 11

湘南
GK 鈴木正人 1
DF 村山祐介 22
DF 浮氣哲郎復讐 3
DF 白井博幸 5
DF 城定PJ信次 2
MF 鈴木良和 7→57分 加藤大志 18
MF 金根哲 29
MF 吉野智行 10
MF 坂本紘司 11
FW 柿本倫明 32→70分 湘南市長 12
FW 佐野裕哉 20→72分 高田保則 9

得点 大宮 44分 トゥット

5連続完封勝利中の大宮。2位グループの3チームになんとか勝利して
続いては上田新監督が就任してからいいサッカーをしてるという話の湘南。
チャカが柏に行ってしまったのは大宮にとっては幸運。
チャカが出ている試合ではほとんど勝ったことないんじゃないでしょうか。
さて前半。10月だというのにメチャクチャ暑い。31℃あったそうです。
暑いせいかゆっくり目の立ち上がり。が、10分過ぎにアクシデント。
平岡が怪我をしたらしく、木谷と交代。不安な展開に。
その後はピンチが増えます。別に木谷だけのせいではないけど。
最大のピンチは24分。DFラインの裏に簡単に侵入されて、佐野がシュート。
荒谷が弾いたところを柿本がシュートしますが、これはバーに助けられました。
大宮はスタミナを温存しているのか、省エネサッカーを展開。
サイドバックなんかほとんど走ってあがらないし、プレスも弱め。
トゥットの前線からの追い回しもありません。
したがって、ゴールのチャンスもほとんどと言っていいほどナシ。
ですが前半終了間際の44分トゥット、森田、金澤、トゥットと渡って
抜け出したトゥットが冷静にゴールに流し込んで先制。湘南戦3点目。

後半。後半になると大宮の動きがアグレッシブに。トゥットも追い回しまくり。
後半開始直後に坂本に何度かPA内侵入を許したりもしましたが何とか抑えます。
その後は特に破綻なく湘南の攻撃を抑えていきます。
追いつきたい湘南は72分にFWを一気に2枚代えてきます。アマラオと高田を投入。
すると三浦監督、木谷に代えて斉藤を投入。まさか氏家センターバックか?と思ったら
西村が左サイドに回り、冨田がセンターバック、斉藤は右サイドバックに。
予想もしなかった布陣でその後は湘南の攻撃をシャットアウト。
アマラオは何かしましたっけ?という感じでした。
78分には森田に代えてバレーが登場。元気そうでした。
安藤の柔らかいクロスからのヘッドをGKに弾かれたのは惜しかった。
チャンスは作れてましたね、ゴールはなかったけども。
最後の3分くらいから時間稼ぎ大会に突入。右サイド奥で安藤と久永でボール回し。
ちょっと時間稼ぎすんの早いんじゃないか?と思いましたがそのうちタイムアップ。
湘南戦もなんとか無失点で終了して、6連続完封勝利達成。
天皇杯があるので一旦リーグ戦の間隔は空きますが、再開後の一発目はベスパでの山形戦。
またしても負けられない、そして勝てば一歩大きく踏み出せる一戦です。

とりあえず思ったこと
・トゥットがマスクマンで驚いた。仙台戦で鼻骨骨折だとか。
・バレーは復活気味。出てくると盛り上がりますね。
・コーナーキックはたったの2本。取らせてもらえませんでした。
・木谷、せっかくチャンスだったのにもったいない。FKのチャンスもなかったし。
・久々出場のウジ。いろんな意味でウジらしかったです。
・ヒマラヤ岩塩入浴剤貰いました。
・あ、マックのポテトのS貰い忘れた。

6連勝

Posted by try at 01:06 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 1 TrackBack

湘南戦、なんとか勝ちまして6連勝、6連続完封でございます。
序盤から平岡のアクシデントもあり、湘南に攻め込まれて、大ピンチもあり。
最大のピンチではバーが助けてくれました。
得点はワンチャンスをトゥットが落ち着いて決めてくれました。いいよー。
後半の方がいい動きしてましたね。暑かったので、前半は抑えていけという指示が出てた予感。
まさか西村-冨田-奥野-斉藤という4バックを見るとは。監督、やっぱ変わったよねぇ。
バレーが元気そうで何よりです。
観戦記は明日にでも。なんかこれ以上書くこともないかもしれないけれど。

去年1勝も出来なかったコチラにもこれで3連勝。バトル勝ち越しです。

›10 01, 2004

湘南戦ですよ

Posted by try at 22:59 / Category: 大宮アルディージャ / 0 Comments / 0 TrackBack

【J2:第37節 大宮 vs 湘南 プレビュー】
明確な目標を持つ両チーム。勝ち点3をあげるのはどちらか?

J's GOALのレポートです。湘南はここんとこいい試合をしながら勝ててはいないようです。
また1点勝負になりそうですね。まぁどことやってもそうか。負けられないです。

湘南戦前日練習
選手も監督も浮ついてないっすね。平岡、もう1試合頼みます。

「大宮アルディージャvs湘南ベルマーレ」ホームゲームイベントのお知らせ
「大宮アルディージャvs湘南ベルマーレ」ホームゲームイベント追加のお知らせ
ヒマラヤ岩塩入浴剤と高原のサッカーボールが貰えるチャンスが。
そしてハズレ抽選券でマクドナルドのポテトのSが貰えますよ。
オレンジ&ネイビーフラッグ計画がイイ感じの予感。

湘南戦ということで恒例のコチラとのバトル。とばっちりもあります。

意外と山形が浮ついてる?

古竹ダービーまとめ

Posted by try at 18:22 / Category: 古竹ダービー / 0 Comments / 1 TrackBack

めでたく古田狂騒曲になることで幕を閉じた古竹ダービーですが
2004年の古竹ダービーの結果をまとめた表を作成しました。
太字が勝利チーム。チーム名をクリックすると、その試合のお互いの感想が出てきます。

個人的古竹ダービー表彰式

最優秀選手  ラミレス(ヤクルト)

首位打者   嶋重宣(広島) .378
本塁打王   ラミレス(ヤクルト) 10本
打点王     ラミレス(ヤクルト) 36打点
盗塁王     野口祥順(ヤクルト) 3個

最優秀防御率 河内貴哉(広島) 2.48
最多勝      河内貴哉 小山田保裕(広島) 3勝
最多奪三振   河内貴哉(広島) 36個
最多SP      五十嵐亮太(ヤクルト) 9SP

古竹ダービーのタイトルホルダーを調べてみました。こちらのデータを参照。
規定打席は28試合に3.1を掛けて86打席。規定投球回は28回で計算しました。
まさか河内に投手三冠を達成されているとは。驚きです。
嶋は古竹でも首位打者。まぁ思うさま打たれましたからねぇ。
ラミレスが2冠。正直、いつ打ったのかほとんど覚えていません。
それにしても広島打線打ちすぎです。
嶋、石原、緒方、ラロッカ、シーツ、前田と規定打席以上で3割以上。
規定打席到達者で唯一3割を切っているノムケンも11打点と軒並み打ちまくり。
チーム打率が.290なんだから当たり前ですが。
広島は打率.290で防御率は4.69。ヤクルトは打率.273で防御率5.21。
この数字でなぜヤクルトが勝ち越しているのかが一番の謎です。

最後に古竹ダービーの由来になった選手達の成績を。
古田敦也 .323 5本 15打点
古田はさすがに安定した活躍。神宮でのサヨナラヒットが印象的でした。
天谷宗一郎 1試合代走でのみ出場
天谷は8/24の試合で代走として出場。最後に本塁で憤死してゲームの決着をつけています。
大竹寛 3.96 2勝1敗3セーブ
先発で勝利をあげたり、リリーフで大失敗したり、波乱の古竹を演出してくれました。

とりあえずの総括はこれにて終了。さて、来年もやるんでしょうか?>きう助さん