›12 25, 2005

シーズンは終わらない

この後回ります
【第85回天皇杯準々決勝:鹿島 vs 大宮 レポート】
セレーゾ監督、有終の美を飾れず。
「自分たちのサッカー」を貫いた大宮は初の4強進出 [ J's GOAL ]

というわけで仙台から帰ってきました。楽しかったです。
仙台ってテレ東系映らないのね。やりすぎコージー見逃してしまった…。

観戦記は続きを読むで。

12月24日 天皇杯準々決勝 VS鹿島アントラーズ 仙台スタジアム ○1-0

クリスマスプレゼント。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 18
DF 片岡洋介 19
DF 冨田大介 5
DF 三上和良 3
MF デビ純 6
MF 斉藤雅人 15
MF 久永辰徳 16
MF 藤本主税 11
FW 桜井直人 30→80分 金澤プリンス慎 7
FW 森田浩史 14→89分 若林学 33

鹿島
GK 曽ヶ端準 21
DF 名良橋晃 2→77分 青木剛 24
DF 岩政大樹 15
DF 大岩剛 4
DF 新井場徹 7→69分 師匠 30
MF 小笠原満男 8
MF フェルナンド 16
MF 本山雅志 10
MF 深井正樹 11→52分 増田誓志 26
FW 野沢拓也 25
FW アレックス ミネイロ 9

退場 89分 鹿島 小笠原満男

得点 55分 大宮 森田浩史

初の天皇杯準々決勝に進んだ大宮。会場は寒くて楽しい仙台スタジアム。
大宮は5回戦のメンバーからさらにメンツ落ち。奥野が休みでトニが帰国。
CBは片岡&冨田という初コンビ。ボランチはデビ純とマサのコンビが復活。
対する鹿島はベストメンバー。ヒゲのために大宮なんぞ一蹴という雰囲気が。
試合開始。予想通り大宮が劣勢になるも、鹿島の動きの悪さも手伝って
大宮が盛り返す。特に西村の再三のドリブルは見ごたえ充分だった。
特に50メートル近くをドリブルで持ち上がり、シュート寸前まで行ったのはお見事。
その他にも何本か惜しいチャンスがあり、大宮が推してる感じだった。
そして後半。エンジンをかけてくるのかなと思った鹿島に対して、大宮が先制。
主税のスルーパスに森田が反応。神切り替えしで岩政を交わし、右足でシュート。
素晴らしいシュートが鹿島ゴールに突き刺さる。ウホッ、神森田。
なんと先制してしまった大宮。ここから鹿島の攻勢が。
焦って攻めてくる鹿島をなんとか凌いで1点を守ります。
鹿島は焦りのためか、ミスを連発してくれたので助かりました。
挙句の果てに小笠原はロスタイムに2枚目のレッドで退場。
長いロスタイムも守りきり、大方の予想を覆して大宮が勝利。準決勝進出です。
まだまだシーズンは終わらない。
準決勝。次は楽しいゲティスバーグで通せんぼクイズです。

とりあえず思ったこと
・いやー正直勝つとは…。
・決めた森田、出した主税ともにナイスすぎ。
・卓朗はついにクロスをやめたのか?
・初のCBコンビはなかなか粘り強かった。空中戦も○。
・三上も日本平に比べて段違いの出来だった。
・ていうか全体的に日本平はなんだったの?と言いたくなる試合でした。
 日本平行って、仙台行かなかった人はもったいないですな。
・実は仙スタ初めてでした。噂どおりのいいとこだ。
・行きは18きっぷで行ったんですが、石橋の手前で15分ストップ。
 このせいで結局予定より50分遅れで仙台着。
・岡本−宝積寺−氏家−蒲須坂−片岡という並びの東北本線。
 一駅ごとに大宮由来の名前が。次は野崎か。

Comments
Post a comment












Remember personal info?