›12 03, 2005

最終戦でした

最後の記念撮影

【J1:第34節 大宮 vs 横浜FM レポート】
大宮、最終戦をホームで飾れず 先制するも「2点目」に課題 [ J's GOAL ]

桜井様かヒロッシ、どっちか決まってりゃ勝ってたかもなー。
とにかく選手、監督、スタッフ、関係者、サポーターのみなさん、リーグ戦お疲れ様でした。

観戦記は続きを読むで。

ところでガンバが優勝したそうで。初タイトルですね!
最後の最後でサクラチヨノオーばりの差し返しを見せましたな。
そのガンバに今シーズン1点も取られずに2勝した最強チームがあるという噂を聞きました。
しかしセレッソ、先週と今日、どっちか1分守ってれば優勝だったのにねぇ。
そこが足りないってことなんでしょうけど。厳しいですなー。

12月3日 第34節 VS横浜F・マリノス 埼玉スタジアム2002 △1-1

最終戦。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 18
DF 平岡靖成 13
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF トニーニョ 4
MF 久永辰徳 16
MF トゥット 10
MF 藤本主税 11
FW 桜井直人 30→80分 金澤慎 7
FW 森田浩史 14

横浜FM
GK 榎本哲也 21
DF 中澤佑二 22
DF 中西永輔 2
DF 河合竜二 35
MF 田中隼磨 7
MF 上野良治 6
MF マグロン 17
MF ドゥトラ 5
MF 熊林親吾 13→55分 大島秀夫 15
FW 坂田大輔 11→85分 那須大亮 4
FW グラウ 19

得点 33分 大宮 トゥット
    72分 横浜FM 上野良治
   
退場 61分 横浜FM 河合竜二
    66分 大宮 トゥット
   
泣いても笑っても何があっても何もなくても今季リーグ最終戦。
相手は今年度不調の前年王者、マリノス。ナビスコもあったので4度目の対戦です。
大宮は怪我人、出場停止があり、苦肉のスタメン。
FWに桜井が復帰しましたが、ボランチを出来る人がほぼ出払っていたため
トニ、ヒサという布陣。右にはツト、CBには軍団長が入りました。
5チームに優勝の可能性がある中、何も関係ない試合も14時3分にキックオフ。
試合は何というか低調な前半。大宮も大概でしたが、マリノスももんにょり。
お互いミス絡みでチャンスがありましたが、決めきれず。
しかし不思議と先制しちゃいます。マリノスのクリアボールがヒサ?に当たったのを
ツトが運び、ヒサへパス。PA内で倒れてPKゲット。名古屋戦の時と同じような場所でした。
ツトが決めて先制。7点目。やっとクリスを抜きました。4点PKだけども。
そのまま前半は終了、だったはず。
森田が見事にバーに当てたり、桜井様が豪快に上に外したのは後半だったはず、多分。
後半。61分に河合が一発退場。これは全然意味がわかんなかったです。なぜ?
しかし5分後、ツトがシミュレーションで2枚目のイエローで退場。跳んでたもんねぇ…。
10VS10になると、個の力で劣る分、やっぱかなり苦しいっすねぇ。
72分、混乱したゴール前から上野良治にミドルを決められて同点に。
その後は早く時間が流れ、ロスタイム付近には攻勢に出ましたが、時既に遅し。
駒不足だったためもあるのか、有効な選手交代もなかったっすねー。
そのまま引分けで終了。今季5回目という珍しい引分けでリーグ戦終了でした。
J1での初年度の今季は12勝5分17敗の13位で終了。
12勝はなかなかですが、17敗はブービー。実はヴェルディよりも負けてます。
来年は負けを引分けに変えたいとこです。広島戦とか広島戦とか。
というわけで今季のリーグ戦も終了。
選手、監督、スタッフ、関係者、そしてサポーターのみなさん、お疲れ様でした。
そして天皇杯、さらに来年と引き続き頑張ってください。

とりあえず思ったこと
・ヒロッシ、あれをバーに当てるのは決めるより難しいぞ。
 でも今日は最近の試合では一番良かったかも。
・ヒサとトニのコンビってのも新鮮でしたね。
・軍団長は高さは良かった。カカトクリア怖いけど。
・卓朗はドゥトラを抜く場面が目立ったねぇ。
・松田がいなかったのは残念ですなぁ。
・サンクスウォークの先陣は軍団長でした。
・安ちゃんと山下というツーショットが印象的でした。
・とりあえず今季のリーグ戦は終了。この観戦記のJ1初年度も終了。
 疲れましたね、初年度。慣れないことが多かったからなー。
 さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行こう。絶望するな。では、失敬。

Comments
Post a comment












Remember personal info?