›8 21, 2005

国立珠美

14番が横に
結果は1対1のドロー。オウンゴールでしたけど。
まぁなんか1点くらいは取れても良さそうだったので、打倒っちゃ打倒かな。
古巣相手の桜井様は残念ながらハーフタイムで交代。
とりあえず深夜の録画中継を録画してみようっと。

観戦記は続きを読むでどうぞ。

8月21日 第19節 VS東京ヴェルディ1969 国立競技場 △1-1

引分けっていつ以来だろう。と思ったら豊田以来か。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 西村卓朗 18
DF 平岡軍団長 13
DF 冨田大介 5
DF 三上和良 3
MF デビ純 6
MF 久永辰徳 16→66分 島田裕介 17
MF トゥット 10
MF 藤本主税 11
FW 横山聡 27→74分 斉藤雅人 15
FW 桜井直人 30→HT 森田浩史 14

東京V
GK 高木義成 21
DF 米山篤志 5
DF 林健太郎 4
DF 戸川健太 3
MF 山田卓也 2
MF 小林大悟 8
MF 戸田和幸 6
MF 相馬崇人 7
FW 平本一樹 11→69分 玉乃淳 33
FW 慈雨 10→71分 町田忠道 15
FW 華盛頓 9

得点  9分 東京V 華盛頓
   76分 大宮 オウンゴール(相馬)
   
メンバー構成に苦慮する大宮は平岡、冨田のCBに久永のボランチ。
トゥットは右サイドでスタメンに復帰して、GKは安藤智安。荒谷はベンチ入り。
ヴェルディのスタメンは高木以外、2から11番まで綺麗に揃っていた。
なぜ高木義成は1番をつけないのだ。
試合開始。前半はヴェルディペース。パスが回るよ!真ん中破られるよ。
って軍団長のクリアミスから逆襲され、最後はジウのヒールパスから
ワシントンに抜け出されて失点。
その後もジウには悩まされ、物凄い細いところを通されたワンツーを喰らったり。
ジウに振り回されるなんて、まるで冬のソナタのヨン様のようでしたよ。
いや、ホントは冬のソナタ見たことないんで、振り回されてるかどうか知りませんが。
が、その後はジウにも慣れたのか、徐々に大宮の攻撃の時間も増えたかな。
少なくとも、先週の三ツ沢よりは攻撃してた。手詰まり感アリアリだったけども。
後半。相手選手との衝突でどっか痛めたぽかった桜井に代えて森田ヒロッシ登場。
ここから10分間は完全に大宮の時間だったなー。ここで点取れてりゃ苦労しないわけですが。
守備の方も相手FWをかなり
んで徐々にグズグズになりかけていく中、島田、斉藤を投入して流れを変えようとします。
島田は良かったなー。見えてたよ、いろいろと。ツトと息あわないとこもあったけど。
そんなこんなで76分、ツトのシュートのようなクロスに相馬が突っ込んでオウンゴール。
触ったら入っちゃいそうなボールに見事なボレーでした。相馬ナイス!
その後もチャンスっぽいのがあったり、ピンチもあったり。
ロスタイム、ハーフウェイライン付近の相手FKから、ワシントンに一気に渡ってボレー。
これは枠を越えてくれて助かりましたが、これ熊谷で前田俊介にやられたのと
ほとんど同じシーン。ちょっとは学習しなさいよ、チミたち。
と危険なシーンもありながら試合終了。なんとか引き分けて勝点1をもぎ取りました。
はい次は水曜日です。しかも長距離移動。頑張ってくだされ。

とりあえず思ったこと
・マッチデーのスタメン予想に「3 北本」の名前が。誰だ。久仁衛か?
・桜井様は大丈夫だろうか。
・島田に期待しちゃう人多いよね、いやオレもだけど。期待できる感じだったし。
 CKの時とか期待値凄かったなー。
・ヒロッシも最近の中では良かった気がします。
・三上、クリアは大きく蹴れ。
・ジウは一言で言うとブラジル人。以上。 
・スイカ3人かよ。少ないよ。昨日はレタス2000人だったのにー。
 つか人がかなりいなくなってから発表するのね。
・やっぱ国立は楽だー。空いてる国立の試合が一番好きです。
・帰り際、遠くから「六甲おろし」が聞こえてきました…。

Comments
Post a comment












Remember personal info?