›8 15, 2005

逆境、逆境、また逆境

お疲れ様でした

これにてナビスコとはお別れ。しかし厳しい試合でした。
これが不幸な1週間の終わりになってくれるといいんですが。
観戦記は続きを読むでどうぞ。

「Supporters BBS」一時休止のお知らせ
いったい何が。まぁ何か起こりそうな気もしましたが。この際、無くすか。

8月14日 ナビスコ準々決勝 VS横浜F・マリノス 三ツ沢球技場 ●1-3

さようなら、ナビスコ。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 冨田大介 5
DF 平岡軍団長 13
DF 奥野誠一郎 2
DF 三上和良 3
MF デビ純 6
MF 西村卓朗 18→71分 森田浩史 14
MF 久永辰徳 16→66分 片岡洋介 19
MF 藤本主税 11
FW 横山聡 27→61分 トゥット 10
FW 桜井直人 30

横浜FM
GK 榎本哲也 21
DF 田中はゆま 7
DF 中澤祐二 22
DF 松田直樹 3
DF ドゥトラ 5
MF マグロン 17→69分 上野良治 6
MF 那須大亮 4
MF 大橋正博 23
MF 山瀬兄 10→80分 清水範久 18
FW 久保竜彦 9→49分 大島秀夫 15
FW 坂田大輔 11

退場  5分 大宮 奥野誠一郎

得点 15分 横浜FM 坂田大輔
   29分 大宮 西村卓朗
   60分 横浜FM 松田直樹
   85分 横浜FM 清水範久
   
最近、起きると誰かがいなくなっている大宮アルディージャ。
三ツ沢に向かうバスの中で、荒谷がいないことを知りました。
GKは久々の先発となる安藤智安。さらにサブにはGKなし。逆境だ。
さらに「いなくなる」は続く。開始5分抜け出そうとした久保を倒した門で
奥野に一発レッド。奥野までいなくなってしまい、いきなり10人に。
奥野の頭に「サブGKいない→安智が久保を倒したら→誰がGKやんの?→やべ、オレが止めなきゃ」
というコンボが浮かんだのかも。
その後はサンドバック状態に。15分、セットプレイから坂田に押し込まれて失点。
これでビハインドは2点に。しかしその後、マリノスのプレイが雑になったというか
余裕かましてるというか、少しおかしくなった隙を突いて、
ゴール前での華麗なボール回しから最後は西村がフェイント込みのナイスゴールで同点に。
実に1ヶ月ぶりの得点に狂喜乱舞。前半は同点で終了します。
そして後半。再びサンドバック状態スタート。ハーフラインから向こうに行けません。
安智のキックのせいで、ゴールキックですら越えないとはいやはやなんとも。
そして15分、松田に突っ込まれて失点。1本目が外れた時点でちょっと気を抜いたかなー。
そこからは大宮が体力の限界を迎え始め、交代選手を投入するも手詰まりに。
最後は完璧に崩されて3失点目。ここらへんが夏の夜に10人で試合する限界か。
ということで今週も敗戦。ナビスコカップとはおさらばすることになりました。
んでリーグ戦なわけだが、どうしようか、スタメン。まぁとにかく勝て、と。

とりあえず思ったこと
・大宮には下克上サウスポー古川君はいませんでした。
・11人でも勝つの厳しいのに、10人でどうしろと。
・平岡が負傷して担架で運ばれたときは、さすがにビビリました。
 これ以上はスタメン組めなくなります。復帰して何より。
・森田は練習でのシュートがとにかく入らなく、観客席から失笑が…。
・サトシはオフサイドというルールを忘れているような位置取りでした。
・録画しといたジャンクスポーツに中澤が。
 「ドラマ出演などで活躍中の武田さん」、ってドラマの記憶はシャトルで宇宙に捨てておいてやれ。

Comments
Post a comment












Remember personal info?