›7 01, 2005

6連戦中の移動距離ランキング

ニッカンスポーツ紙面に載っていたデータ。

1 新潟 3672キロメートル
2 大分 3392キロメートル
3 広島 3092キロメートル
4 神戸 2682キロメートル
5 東京V 2472キロメートル
6 横浜M 2074キロメートル
7 C大阪 1980キロメートル
8 柏 1930キロメートル
9 千葉 1850キロメートル
10 磐田 1622キロメートル
11 清水 1598キロメートル
12 G大阪 1382キロメートル
13 鹿島 1080キロメートル
14 名古屋 1002キロメートル
15 川崎 718キロメートル
16 大宮 670キロメートル
17 浦和 508キロメートル
18 FC東京 304キロメートル

移動距離1位はホームの試合が2試合の上、大分やら大阪やらに行く新潟。
2位の大分はホームの試合は4試合ですが、大分そのものが遠いのでこの結果。
一方、移動距離の短い方の1位はFC東京。新潟の1/12の移動距離です。
ホーム4試合+日本平、等々力とアウェイは近場。
2位の浦和は最後のエコパ以外は埼スタと国立を行ったり来たり。
大宮は3位。ホーム3試合+アウェイの埼スタが効いたようです。
そのホーム3試合は全部別のスタジアムですけどね。
やはりチームが集まってる関東勢は有利なんですかねぇ?
暑い中の連戦は大変ですが、いいパフォーマンスが見られることを期待しときましょう。

Comments
Post a comment












Remember personal info?