›12 12, 2004

「さいたまダービー」だとつまらないし、それは来年でいいかな byハラヒロミ

というわけで3-6と惨敗で今シーズン終了。
6点取られたのは去年の札幌ドームでの札幌戦以来。
J2最後の第4クールの総失点の倍を1試合で叩き込まれたわけですな。
お先に勉強させていただきましたー、って感じですな。
FC東京のみなさん、この先も勝ち進むよう頑張ってください。

入替戦は柏が2-0で勝利。来年は野田線ダービーですな。
ネット中継で見たんですが、最初はバッファ中ばっかりだったものの
途中からは結構快適に見られました。少しは強化したんでしょうか?

観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

12月11日 天皇杯5回戦 VSFC東京 鴨池陸上競技場 ●3-6

最後は爆発で。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35→58分 島田裕介 17
DF 奥野誠一郎 2
DF 平岡靖成 33
DF 冨田大介 5
MF 斉藤雅人 15→73分 木谷公亮 13
MF 金澤慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16
FW 高橋泰 9
FW 森田浩史 34→66分 横山聡 27

FC東京
GK 土肥洋一 1
DF 加地亮 20
DF ジャーン 3
DF 藤山竜仁 8
DF 金沢浄 17
MF 今野泰幸 6
MF 宮沢正史 16→68分 三浦文丈 10
MF 石川直宏 7
MF 馬場憂太 14→64分 ケリー 19
FW 鈴木規郎 15→76分 阿部吉朗 14
FW ルーカス 9

得点 01分 東京 馬場憂太
   22分 東京 ジャーン
   40分 大宮 冨田大介
   58分 東京 オウンゴール
   64分 大宮 高橋泰
   69分 大宮 高橋泰
   71分 東京 石川直宏
   80分 東京 ルーカス
   88分 東京 ケリー
  
ガラガラの鴨池陸上競技場で行われた天皇杯5回戦。
対するはナビスコカップ王者のFC東京。厳しい相手です。
大宮のスタメンはトニ、バレー、トゥットが帰国してしまっていないので
平岡、そして高橋ゆたぽんが9月の甲府戦以来久しぶりの先発。
試合開始早々の1分、馬場にミドルシュートを捻じ込まれて失点。
ここらへんからすでに試合の流れが怪しい方向へと進み始めます。
さらに22分、フリーキックからジャーンに決められて2失点目。
が、このへんから少しいい感じに。そして冨田がCKから決めて1点差。
この冨田のゴールは良かったですね。
そして後半へ。58分、鈴木規郎に切れ込まれクロスを入れられると
このボールを奥野が触ってしまいオウンゴール。これで再び2点差に。
これで攻めるしかなくなった大宮が怒涛の反撃。
64分安藤のゆるーいクロスをゆたぽんがループ気味のヘッドで入れて1点差。
さらにその5分後、またしても安藤のクロスをゆたぽんが今度はドカンと決めて同点。
とここまでは良かったんですが、その2分後に石川に決められた後はグダグダに。
ルーカス、ケリーに決められて6失点。ということで結果的には惨敗でした。
連勝中になんとなく耐えてたものが一気に決壊したって感じですかね。
これでレベルの差も少しは感じられたと思うし、それを来季に生かしていただければ。
下手に0-1とかで負けて変な自信持って終わられるよりは良かったと思います。
来年のことは来年のこととして、終わりくらいはポジティブに。
これにて今シーズンは公式戦全て終了。みなさんお疲れ様でした。
大きな目標は果たせたし、思い出に残るいいシーズンだったと思います。
来年も頑張りましょう。

とりあえず思ったこと
・ゆたぽん、ここへきての爆発。ピンポイントストライカーの本領発揮。ちょっと遅いけど。
 来年も大宮に残るんでしょうか?大宮からの戦力外発表はなかったから残るの?
 レンタル選手の去就も注目されます。
・久永はコメント見ると残るみたいですが。
・FC東京のシュートがこんなにゴールに入るのを始めてみました。
 いつもはワザと外してるのかもしれない…。
・3000人を切った観客。なんかチケットは売れてたはずなですが…。
 こんなんならやっぱ地方でやる必要はなかった気もしちゃいますよねぇ。
・鹿児島まで行った方々、お疲れ様でした。
・観戦記も今年はこれで終わり。お付き合いありがとうございました。

Comments
Post a comment












Remember personal info?