›10 31, 2004

バレー「チームは正しい道を歩んでいる」

【J2:第40節 大宮 vs 川崎F レポート】
王者川崎Fを破り、大宮が破竹の9連勝で貴重な勝ち点3をあげる

J's GOALのレポートです。

大宮初J1へ残り1分また森田弾/J2<ニッカン>
大宮 森田一発で昇格前進<スポニチ>
川崎撃破で大宮次節にもJ1昇格<報知>
スポーツ新聞各紙にも記事が出てくるようになりました。

「さいたま市西区少年少女サッカー教室」実施!
昨日の今日ですがお疲れ様。子供の中に入ると荒谷のデカさが目立つ。

さてさて、ウハウハさんとのバトルにも勝利。
昨日は御二方とも体調不良で欠席だったので、急遽「オススメビデオバトル」になりました。
何本かオススメしておきましたので、そのうち感想が載ると思います。
来年もブルーフレンズに入ることにします。

昨日の観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月30日 第40節 VS川崎フロンターレ 大宮公園サッカー場

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35→66分 斉藤雅人 15
DF 奥野誠一郎 2
DF トニーニョ 4
DF 冨田大介 5
MF 金澤プリンス慎 23
MF デビ純 26
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16→78分 島田裕介 17
FW バレー 11→84分 横山聡 27
FW 森田浩史 34

川崎
GK 吉原慎也 17
DF 谷口博之 29
DF 伊藤宏樹 2→44分 岡山一成 32
DF 佐原秀樹 3
MF 木村誠 22→74分 飛騨暁 26
MF 久野ベティ智昭 8
MF 中村憲剛 14
MF 長橋康弘 20
MF マルクス 11
FW ジュニーニョ 10
FW 我那覇和樹 9→59分 黒津勝

得点 41分 大宮 バレー
   74分 川崎 マルクス
   89分 大宮 森田浩史
  
前節、鳥栖戦を森田の劇的なロスタイムで拾って8連勝を達成した大宮。
今節の相手はJ2最強の川崎。しかし寺田、箕輪を出場停止、怪我でそれぞれ欠き
そこが不安だとか。大宮もトゥットが負傷でいず、バレーが久しぶりの先発。
試合開始前に新潟中越地震の犠牲者の方への黙祷がありました。
さて雨の降りしきる中前半スタート。試合開始直後は大宮が攻勢。何度かCKのチャンスを。
しかし決められず。一方の川崎も徐々にペースを掴むものの、大宮DFの出足が素晴らしく
ジュニーニョにあまり仕事をさせない。1対1の場面を作らないように、2人、3人で囲んでいく。
さらにデビ純の出足、読み、根性と全てが素晴らしく、ことごとくボールをカットする。
お互いガチンコで物凄い攻防。肉弾戦アリ、サッカーは腕でやるもんだアリ。
そして先制したのは大宮。41分、中盤での慎のカットから森田がドリブルで運ぶ。
PA内で安藤にパス。吉原、伊藤が詰めてくる中、安藤は冷静にクロス。そこにはバレー。
ダイビングヘッドでゴール。バレーのリーグ戦3ヶ月、大宮公園での得点に限っては5ヶ月ぶり
というゴールで先制。これは今後の戦いにとっても非常に大きいゴールとなりました。
その後も大宮が攻勢を仕掛けるものの、惜しくも決まらずに後半へ。
川崎は伊藤宏樹が負傷してしまい、岡山へ交代。岡山は1年ぶりのトップの試合だそうで。
そして後半へ。前半と似たような展開。大宮が攻めるが、麻生DFラインが体を張って守る。
52分、大宮ゴール前でジュニーニョに翻弄されてしまい我那覇へパスを出されるも
我那覇のシュートは荒谷の正面。ガッチリキャッチ。我那覇が目立ったのはこの一瞬のみ。
その直後に黒津と交代してしまいました。黒津にはイヤーな思い出があるのでちょっと怖い。
61分、マルクスを倒した後、笛が鳴ってるのにプレーしたとの門で慎にイエロー。
マルクスの告げ口のせいのような。わざとやったようには見えなかったんですがねぇ。
ここらへんからどんどん主審のジャッジにストレスが溜まりはじめてきます。
その直後、荒谷がGKをミスってマルクスにかっさわれピンチに。このピンチは凌いだものの
さらにトニのパスがミスになり、ジュニに。ジュニは潰したものマルクスが拾ってPA内へ。
マルクスはシュートを打たず、ベティへ。ベティのシュートはサイドネットでセーフ。
この3分間くらいはアタフタしまくっていてピンチでしたが、なんとか凌げました。
ここで西村に代えて斉藤を入れて落ち着きと基点を作ろうとします。
68分、川崎ゴール前でバレーが潰されたコボレ球を安藤がシュート。川崎DFに当たって
外に出たんですが、判定はゴールキック。森田がPA内で倒されたのもノーファウル。
バレーが佐原に思いっきり引っ張り倒されたのもノーファウル。最後のは特にヒドイ。
と、怒りが溜まっていった後、大宮ゴール前でジュニを倒したということでファウルに。
おいおいなんだよこの糞ジャッジ。俊也ブチギレ。バックスタンドは今季最大級の怒号。
こういうFKはイヤーな予感がしたんですが、マルクスに決められてしまいます。またマルクスか。
しかし気を取り直さないと。またクソ主審がキックオフやり直しとかさせんですよ、こんな時に。
ですが勝たなければいけない大宮は冷静に試合を続けます。
1点と取りに行く大宮、78分には島田を入れ、84分には横山を入れて何とかしようとします。
そして大宮に決勝点が入る瞬間がやってきます。ロスタイム突入直前のことでした。
88分41秒、マルクスのシュートを荒谷が正面でキャッチ。
88分51秒、荒谷のスローを受けた島田が川崎の選手を1人交わして中央の慎にパス。
88分54秒、慎が相手DF2人をひきつけて右から走りこんでいる森田にパス。
88分55秒、森田が豪快に右足を振りぬく。
88分56秒、ゴール!
マルクスのシュートをキャッチしてから、森田のゴールまでなんと15秒。まさに15秒攻撃。
ロスタイムはなんと4分。岡山のパワープレイにもめげず、耐え抜いて見事勝利!
激しい試合を制して9連勝。また大きな一歩を踏み出しました。
まだまだ気を抜いてはいけません。バレーのコメント通り、まだ何も得ていないのだから。
次は三ツ沢での横浜FC戦。湘南新宿ラインも増発されたことですし、応援に行きましょう!

とりあえず思ったこと
・とにかく目立ったデビ純。MVP、MIPの同時受賞も頷けます。素晴らしい。
・森田、2試合連続で89分に決勝ゴールを決めたのは初だそうです。
・大宮で雨が降ると辛い。特にバック、ゴール裏は隠れるところすらありません。
 この天候で4500人近く入ったのはいいほう?当日オレンジ化でって人はやめそうだしねぇ。
・トニと佐原のボールの奪い合い。お互いに手を使いまくりで凄かった。格闘技かよ。
・相変わらず大宮戦では目立たない我那覇。三浦監督の特別な3人の中にも入れてもらえません。
・喪章、どうもサイズが大きいのか合わない選手がいまして、外してました。いいのか?
ちあさんに鎌倉土産を貰いました。ありがとうございました。
 「晴れた日は巨大仏を見に」を読みながら食べようと思います。

Comments
Post a comment












Remember personal info?