›10 11, 2004

天皇杯3回戦

アローズサポのみなさん
天皇杯3回戦、微妙なタイミングの開催で不安でしたが、何とか2-1で勝てました。
ま、このCBコンビで1点で済めば上出来の範囲でしょう。
そういやトップのチームが失点したのってエライ久しぶりだったんですな。
これをトップと呼んでいいのかは微妙ですが。

観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

10月10日 天皇杯3回戦 VSアローズ北陸 大宮公園サッカー場 ○2-1

天皇杯、と言われましても。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 斉藤雅人 15
DF 若松大樹 3→89分 松本大樹 18
DF 木谷公亮 13
DF 西村卓朗 35
MF 氏家英行 7
MF 島田裕介 17→67分 喜名哲裕 6
MF 久永辰徳 16
MF 橋本早十 24
FW バレー 11
FW 森田浩史 34→76分 横山聡 27

アローズ北陸
GK 平地由享 1
DF 三好拓児 3
DF 金丸秀和 5→67分 小林羊汰 10
DF 山本寛幸 22
MF 山本翔平 6
MF 川崎元気 8
MF 川上秀治 9
MF 石橋直希 13
MF 小柴誠 14
FW 上園和明 19→84分 永濱裕規 17
FW 北川佳男 11

得点 大宮 12分 バレー
   大宮 46分 橋本早十
   北陸 75分 北川佳男
  
ということで今年からレギュレーションが変わって9月から開幕している天皇杯です。
1回戦、2回戦は既に終わっていて、本日の3回戦からJ2のチームが登場です。
んが、ご存知の通りリーグ戦は山場。主力は休ませたいけど、勝たなきゃいけないし…。
複雑な心境の中、普段のスタメンから8人を入れ替えた大宮。
木谷と若松のCBコンビという気絶しそうなCBコンビに、西村は左サイドバックの練習
島田はサテでよくやってるボランチ、久永が右に入って、左はトップ初出場の橋本
FWにバレーと森田。そしてGKは富山出身の荒谷ではなく安藤智安でした。
前半。アローズの出足が早く、思うようにボールを前に運べませんでした。
が、12分に橋本のスルーパスからバレーが抜け出してゴール。バレーの大宮でのゴールって
いったいいつ以来になるのでしょうか。とにかく久しぶり。
その後まぁ攻めてはいた気が。が、雑い攻撃だったんで、得点にはいたらず。
が、アローズのチャンスもあまりなく、CBコンビも危ないながらも凌いでおりました。
で後半。開始早々森田の胸でのパスを走りこんだ橋本早十が見事なシュートでゴール。
その後は前半と同じ感じですかねぇ。喜名が入って、橋本がボランチになったけど、
特に何も起こさなかったし。喜名ボランチで、橋本は左のままってのが見たかったかも。
んじゃこのまま閉店しますか、という感じだったんですが、75分にCKから北川に決められ1点差に。
このCKは若松大先生が作り出したものだったような気がします。前にクリアする余裕が
あったように見えたんですが・・・。まぁ最終的に勝ったからいいけどさ。
さらにその後、FKからピンチになり、シュートがバーに当たるという場面までプレゼント。
最後は時間稼ぎの練習までして勝利。怪我人もなかったので、とりあえず良かったかな。
次の4回戦は12日に抽選ってことです。J1のどこと当たるんでしょうか。中途半端なとこがいいなー。
そして何よりも13日の試合になって欲しいんです。14日法事で行けないんですよ。

とりあえず思ったこと
・なんかバレーのための試合だった気も。つーかハットできるチャンスがあったような。
 最後もなんで真正面蹴るかなー。相変わらずで楽しませていただきました。
・このCBコンビはヤバイ、超ヤバイ。若松はホントヤバイと思った。木谷もカバー出来てないし。
・早十がボールを持ったとき、いろんなとこから「ハヤト」と呼ばれてちょっと迷ってた。
・西村はよく声を出してボール要求してました。あんまこなかったけど。
・シマ、王様っぽくプレー。使うより使われたほうがいい。
・アローズサポは結構たくさん。みんなメガホンを持ってるので、都市対抗風味の応援。
 応援のパターンいっぱいあった。アッコちゃんもるんですなー。
 遠いところお疲れ様でした。しょっぱい試合でスイマセン。 

Comments
Post a comment












Remember personal info?