›8 26, 2004

2位チームの法則

【J2:第30節 大宮 vs 山形 レポート】
勝ち点1ずつの痛み分け。大宮は「2位チームの法則」に屈したか?

J's GOAL のレポートです。「2位チームの法則」っつうか普通に勝負弱いだけかと…。
なんかパリーグの3位争いみたいになってきた気がします。

なんだか最近はサイト間のバトルの方も様々な方向に進化しているようで
コチラコチラのコスプレバトルに続いて、コチラコチラの3食ラーメンバトルが登場。
なんか斬新なモノを考えるか…。オススメビデオ感想文対決とか。

ということで昨日の観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

8月25日 第30節 VSモンテディオ山形 大宮公園サッカー場 △1-1

2位になってから勝ちたい。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 西村卓朗 35
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 斉藤雅人 15→74分 木谷公亮 13
MF 金澤プリンス慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 喜名哲裕6→66分 島田裕介 17
FW トゥット 10→59分 森田浩史 34
FW バレー 11

山形
GK 桜井繁 16
DF 迫井深也 5
DF 小林久晃 4
DF レオナルド 27
DF 内山俊彦 13
MF ☆大輔 11→81分 古川毅 3
MF 大塚真司 6
MF 永井篤志 8
MF 宮沢克行 28
FW 大島秀夫 9
FW 根本亮助 20→60分 林晃平 23

得点 50分 山形 根本
   82分 大宮 森田

平日開催も今季最後。大宮公園サッカー場は涼しいどころか肌寒さすら感じるほどでした。
久永が出場停止の大宮のスタメンは予想に反して喜名。
そして若松に代わってリーグ戦初出場の西村がスタメンに。
前半。お互いの守りから入る感じの試合展開に。
バックスタンドで見たので、前半は左サイドの選手がよく見えます。
目の前にいた久しぶりのスタメンの喜名のプレーはメタメタでした。
左サイドで使うほうも使うほうだが、そこでチャンスを貰ったなら
サイドらしいプレイをして欲しいもんなのだが、中へ中へ。
ヘロイ横パス、たまのゴール前進出ではゆるーいパスを出して
カットされる始末。
さらに左サイドでボールを持った喜名、他の選手とワンツーを繰り返しながら
前じゃなくて横に移動!そのままピッチを横断するかと思いきや
途中で山形の選手にカットされてピンチになるというスーパープレイ。
夢でも見てんのかと思いましたよ。
という喜名の活躍もあり、トゥットもヘロって前半は無得点無失点。
後半。失点は意外と早いことやってきました。
5分、トゥットがボールを奪われてカウンターを喰らい
根本にズドンと素晴らしいゴールを決められてしまいます。
その後は攻めざるを得ない大宮が攻勢に。ツトキナコンビ(訂正・バレー、喜名でした。)が連続でポスト、バーに当ててみたり。
そんなこんなでいつもの選手交代。ツトと森田、喜名と島田がそれぞれ交代。
これでやっと勢いが出てきた大宮。何度もCKのチャンスがありますが
どうしても入らず。途中交代の木谷のヘッドはサイドネット。
しかし山形が☆にかえて古川をいれた直後の82分、島田のCKから
森田がゴールして同点。島田、森田、毎度毎度ありがとう。
その後は山形の攻撃がほとんど状態になるほど攻めてみたんですが
結局点にならず。またしても引き分けてしまいました…。
第3クール、負けも少ないけど勝ちも少ないな…。

とりあえず思ったこと
・バックスタンドの喜名の評価は辛辣。
 「来年はかりゆしだな」という声が聞こえましたが、
 来年はかりゆしというチーム名じゃなくなるんですよね、確か。
・公式戦初出場の西村は良くやってくれました。守備もナイス。
 ミスした後も体を張ってました。攻撃にも絡みました。
 安藤がもうちょい使ってくれるようになれば、もっと生きるかも。
・今日のバレーたん。シュートは入らずとも、CKを量産して貢献。
・シマをたまには楽な場面で出してやりたいなー。3点差くらいの。
・あと森田ゴールで勝利したい。
・そういや今日森田に最初に抱きついたのは誰だったろう。
 いつもは必ず久永なんだけど。後で確認しよう。

Comments
Post a comment












Remember personal info?