›8 13, 2004

古竹見てきました。

ポケモンスタンプラリー勝負でドロドロに疲れてしまいました。
ついでに古竹観戦も。勝ってなにより。

【J2:第27節 水戸 vs 大宮 レポート】
大宮の猛攻届かず。水戸は苦しみながらも引き分けに。

J's GOALのレポートです。まぁ他人事だったら楽しい試合だったのかと。

例によって観戦記を書きました。続きを読むでどうぞ。

8月11日 第27節 VS水戸ホーリーホック 笠松運動公園陸上競技場 △1-1

やっとこさ引分け。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 若松大樹 3→59分 斉藤雅人 15
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF デビ純 26
MF 金澤プリンス慎 23→68分 島田裕介 17
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16
FW トゥット 10
FW バレー 11→54分 森田浩史 34

水戸
GK 本間幸司 1
DF 木澤正徳 2
DF 吉本岳史 22
DF 森直樹 5
MF 秦賢二 7
MF 北島義生 13
MF 栗田泰次郎 14
MF 伊藤仁 22→64分 眞行寺和彦 29
MF 小椋祥平 28
FW 磯山和司 11
FW 小林康剛 9→72分 松浦淳 13

得点 3分 水戸 小林
   78分 大宮 森田
  
暑い中、連戦お疲れ様です。ということで笠松での水戸戦でした。
第一クールでは完敗を喫した笠松の地。
どうなることやらと思ってたら、立ち上がりのドタバタしてる間に
アラアラといった感じで失点。立ち上がりはいつも悪いんですが、それがモロ出てしまった感じ。
その後は水戸が全然攻めてこないんで、大宮がずっとボールを持ってました。
が、持ってるだけで、ウロウロとバックラインでボール回し。
なんか2002年あたりに良く見かけた光景を彷彿とさせます。
まぁ惜しいシュートもあったわけですが、前半はヤバげなまま終了。
さて後半も同じような展開が続く。ほとんどボールを持ち続ける大宮と攻めない水戸。
両方のサポにとって重苦しすぎる展開が続きます。
とにかくシュートはボコボコ打ってるんですが、入らないんですよこれが。
また本間が防ぎやがるんだよ、いや防ぐ仕事だからいいんですけどね。
そんな重苦しい展開だっただけに、いずれも交代出場の島田、森田のラインでの得点は
逆転の予感を感じさせてくれるものでしたよ。予感外れたけど。
10分あればいけると思ったんだけど、ダメでした。攻めたけど外れるばかり。
結局そのままタイムアップでした。
次はホームでの試合。ここで勝点3取れなかったらヤバイ。勝たないと。

とりあえず思ったこと
・氏家は出場せず。何があったんでしょ。
・ウジにかわってデビ純。アクションが外人でした。
・主審、1回くらいゴール前のファウル取ってー。シマのFKで夢を見させてくれ。
・笠松は結構好きなんですが、いかんせん行きにくい。
・なので初めてバスツアーで行きました。バス満員で驚きましたよ。
・でも大宮発着なのが私にはちょとツライなー。

Comments
Post a comment












Remember personal info?