›8 09, 2004

「勝った時こそ厳しく振り返り」

「負けたときこそ寛容にモチベーションを高めることが大切」 BY 三浦俊也

【J2:第26節 大宮 vs 鳥栖 レポート】
大宮の勝利への執念が鳥栖のマンマークディフェンスを跳ね返し1−0の勝利!
J's GOALのレポートです。
「昇格戦線を独走する川崎Fを追撃する大本命かもしれない。」はちょと言い過ぎか。

観戦記を書きました。スカパーの録画も見ました。眠くなったとこは早送りで。
続きを読むでどうぞ。厳しく振り返ってはないですけど。

8月8日 第26節 VSサガン鳥栖 大宮公園サッカー場 ○1-0

荒谷、そして島田。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 若松大樹 3
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 氏家英行 7→59分 斉藤雅人 15
MF 金澤プリンス慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16→67分 島田裕介 17
FW トゥット 10
FW バレー 11→72分 森田浩史 34

鳥栖
GK シュナイダー潤之介 14
DF 朝比奈伸 2
DF 佐藤陽彦 27
DF 井手口純 24
MF 高橋義希 28
MF 本橋卓巳 10
MF 小石龍臣 23→63分 小井手翔太 29
MF 矢部次郎 26
MF 中村祥朗 16
FW 羽畑公貴 20→72分 田代有三 4
FW 竹村栄哉 18→82分 伊藤彰 19

得点 85分 大宮 島田

前節甲府に大敗した大宮。久々の大宮公園ということもあり絶対に勝ちたいところ。
一方の鳥栖は4連敗中でその間1得点と不調、失点もそこそこあるようです。
しかしフタを開けてみたら鳥栖の守りは堅かった。
バレー、トゥットにマンマーク。サイドにもマンマーク気味?
そのせいか頻繁に安藤がポジションをチェンジ。若松が縦に深く行く場面が何度か。
しかし肝心のバレーはサイドに流されちゃって、決定的チャンスはなく。
トゥットは中盤まで下がってきちゃってノロノロキープ。
守備の方もヤバイ場面あり。竹村に突破されたりしてました。
バレーちゃんは今日もGKに当ててしまった。また深い悩みに。
そして後半へ。後半になってもノロノロっとした展開は続く。
後半開始直後、FKからのバレーのヘディングは外れてしまいます。
CKも何本かあるんだけど、決まりそうな気配がないんですよ、これがまた。
そんなこんなでお互いに交代のカードを切り、試合は進みます。
73分、PA内でトゥットが倒されますが、ノーファウルでPK貰えず。
スカパー見たらボールに行ってました。逆に朝比奈が傷むことに。
そんなこんなで迎えた85分、斉藤のパスを受けた森田、キープしていい位置で潰れます。
蹴る気マンマンのトゥット。が、蹴ったのはシマ。綺麗にゴールに吸い込まれて先制。
その後、伊藤彰のシュートは荒谷が片手1本で防ぎ、復讐を阻止。
散々惜しかったアキラのシュートを思い出させてくれました。
最後は鳥栖の放り込みを防いで勝利。厳しかったですが、何とか勝てました。
負けてたら、いや引分けでもズルズルモードになりそうだったので、勝って何より。
これからも1つづ、インチキ臭くてもいいから勝っていきましょう。

とりあえず思ったこと
・MOMは荒谷。2点は防いだので文句ナシ。
・シマにも2万円分くらいわけてあげましょう。
・羽畑、頑張って前線から追いかけてくるのが恐ろしいです。
・バック、ちょい鳥栖寄りで見たのですが、周りには様々なお客さんが。
・前には冷静な鳥栖サポの方とその友人。丁寧に選手と戦術を語ってくれました。
・斜め後ろにはレッズと兼任らしいオバサンとそのお友達。
 歌詞がオリジナルのトゥットの浦和時代の歌(ミッキーマウスマーチ)を歌いだす。
 「なんであの歌を歌わないの」と怒っておられました。
・後ろには引越ししたばかりの方。大宮区内の道に詳しくなった気分。
・と、様々な人間模様がありましたが、島田のゴールにはみなさん興奮してました。

Comments

 トラバどうもです。
2トップのどちらを変えるかは、これからも悩みどころになりそうですね。
関係ないんですが、さっかりんの「大宮」に登録されているblogが2つになりましたのでご連絡。
残念ながら「リスアイコン」は付いていないんですが…^^;。

Posted by: 芝えび at 2004年08月10日 00:01

どっちを交代させるかは、監督の腕の見せ所ですね。
余裕があったら2人とも交代とかも見たいですが。
そんな余裕はなにでしょうねぇ。
さっかりん、「Jアイコン」ってなんかカッコイイですよね(笑)

Posted by: トライ at 2004年08月10日 13:33
Post a comment












Remember personal info?