›7 16, 2004

僕の赤靴下ライフ

Category: その他 / 0 Comments: Post / View / 1 TrackBack

イヌゲノムさんで見た、ぼくのプレミアライフ、ハリウッド版映画化の話。
ぼくのプレミア・ライフ」はサッカーファン、特にクラブチームのファンなら読んでおけって感じの名著なんですが
ハリウッドで映画化すると野球の話になっちゃうそうです。
原作の主人公はアーセナルのファンなのですが、ハリウッド版だとボストン・レッドソックスファンという
設定になるんだとか。それじゃ全然違う話になるから、わざわざ原作って言わなくていいじゃん…。

それはともかく、映画としては結構面白そうな話になりそうです。
ボストン・レッドソックスってのは異常なほど勝負弱い負け方をするチームだから。
1975年には「グッドウィルハンティング」にも出てきたカールトン・フィスクの有名なホームランが
ありながらも、次の7戦目を落とすし、1986年にはあとワンナウトまでいったのに
ビル・バックナーの痛恨のトンネルで落とすし。
無闇にドラマチックな負け方をするチームなので、見てて楽しいんじゃないかなーと思います。
日本でやるなら、やっぱ近鉄かなー。「僕の猛牛ライフ」、どっか映画化しないかしらん。

Comments
Post a comment












Remember personal info?