›7 11, 2004

2位で前半をフィニッシュ

いやー新庄面白いな、やっぱ。ホームスチールって。
ということで本日、水戸と甲府が引き分けたことで、暫定が取れて2位に。
ま、勝点35ですから大きいことは言えません。2002年だった32あったんだよ。
ただ、気分はいいですよね。いい気分で中断期間を迎えられます。

ついでに、どうやら天皇杯の対戦相手が柏のブロックに決まったらしいです。
3位だったら新潟だったんだとか。柏で良かった。なぜなら近いから。

そうだ、フットボールアンチクライマックスもあるんですよね、放送楽しみだ。
タイトルは「雷雨」とかかもしれないですな。

スカパー見たので観戦記を書きました、続きを読むでどうぞ。

7月10日 第22節 VSモンテディオ山形 山形県立総合運動公園競技場 ○3-1

しらこばと水上サッカー大会。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 若松大樹 3
DF 木谷公亮 13
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 氏家英行 7
MF 金澤慎 23
MF 安藤正裕 8→89分 木谷公亮 13
MF 久永辰徳 16→86分 島田裕介 17
FW トゥット 10→74分 斉藤雅人 15
FW バレー 11

山形
GK 桜井繁 16
DF 太田雅之 2
DF 小林久晃 4
DF レオナルド 27
DF 内山俊彦 13
MF 秋葉勝 19
MF 大塚真司 6
MF 永井篤志 8→85分 迫井深也 5
MF 高橋健二 7
FW 大島秀夫 9
FW 根本亮介 20→55分 林晃平 19

得点 44分 大宮 バレー
   47分 大宮 バレー
   68分 山形 大島秀夫
   89分 大宮 島田裕介
  
試合開始前に激しい雷雨が。この影響で試合開始時間が30分遅れます。
試合が始まっても雨は止まず、波をジャブジャブ掻き分けてのサッカーに。
選手がボールを蹴るたびに水しぶきが上がります。
ということでお互いに前半は探りあいながらのスタート。おっかなびっくり。
チャンスか?ピンチか?と思っても雨が潰してくれたり。
その反対に雨でパスが止まってしまって逆襲されたり。雨の影響が凄い。
一進一退で迎えた前半終了間際、トゥットが貰ったハーフェイライン近くの
ファウルからのFK。大きく放り込んだボールを山形のレオナルドが大きくクリア
出来ず、落ちたところにバレー。ノーステップで右足を振りぬいて先制。
この悪天候の中、先制出来たのは非常に大きい。ナイスだバレーたん。
後半開始早々。バレーが中盤から独走。4人+GKを相手にボールを失いかけたものの
雨でボールが止まったナイスアシストもあり、GKごと抜きさってゴールに流し込み
2点目。おーこんなに早く2点目が取れるとは珍しい。バレーナイスナイス。
68分、スローイン、大塚のクロスから大島の物凄い高い打点のヘディングシュートを
決められて1点差に。こりゃ大島お見事。早い、高い、タイミングもバッチリでした。
さてその後、トゥットに代えて斉藤を入れ、DFラインとボランチの間に置いて
守りに入ってみた大宮。なんとか山形の攻撃を凌ぎます。
お互いにかなり疲労の色が濃くなってきた89分、大宮のロングボールを小林が
上手くクリアできず、そこにバレーが突っ込んだところを小林が倒してファウル。
このFKを島田が美しく決めて3点目。いやこれはお見事。これで勝敗は決定です。
ということでシーズン前半を4連勝で終え、なんと2位。そういや最初の頃は2位だったなー。
まぁ上は遥か彼方だし、下はすぐそこにいるんで、安心なんて言葉とは無縁ですが
中断前に2位ってのはいい気分ですね。このままの順位でなんとか行きたいものです。
でも、このままのペースだと勝点70。これじゃ全然上がれないよね…。

とりあえず思ったこと
・バレー、悪天候とか変な体勢とかに強いところを発揮。
・シマ、超いい仕事。FKはもちろん、88分にスローイン出したのなんてよかった。
・とにかく雨が凄かったなー。こりゃ疲れただろうなー。このあと中断で助かった。
・遠藤雅大氏の解説はわりと好き。

Comments
Post a comment












Remember personal info?