›5 20, 2004

ガラガラのメインスタンドってのも久しぶり

平日+雨+ダダスベリの成績じゃ致し方なし。
例のパターンで逆転されるも、ロスタイムになんとか追いついて引分け。
あのまま負けてたら何しに行ったのかわかりませんでしたよ。
先制ゴール見られなかったし。スカパーで確認しよう。

川崎以外の全チームが勝ちきれないので、川崎が大逃げかましてますな。
サイレンススズカなのかツインターボなのかはまだわかりませんけど。
大宮は晩年のマチカネタンホイザみたいなイメージでしょうか。

立正大学との練習試合結果
モリツァハットキター。そういやサイン会、人集まったんでしょうか?

というわけで観戦記です。

5月19日 第13節 VSアビスパ福岡 大宮公園サッカー場 △2-2

なんとか無理矢理追いついた。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 若松大樹 3
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 木谷公亮 13
MF 金澤プリンス慎 23→82分 横山聡
MF 安藤正裕と名乗っていた人 8
MF 島田裕介 17→69分 久永辰徳 16
FW 高橋泰 9→62分 斉藤雅人 15
FW バレー 11

福岡
GK 水谷雄一 16
DF 川島眞也 4→75分 宮崎光平 7
DF ちよタンだ 5
DF 藏田茂樹 21
DF 平島崇
MF 山形恭平 34
MF 篠田善之 6
MF 米田(めた)兼一郎 15→68分 福嶋洋 11
MF 古賀誠史 14
FW ベソチーニョ 13
FW 田中佑昌 32→33分 ジャイアント増川 18

得点 19分 大宮 高橋泰
   78分 福岡 ジャイアント増川
   81分 福岡 ジャイアント増川
   89分 大宮 バレー

雨の平日ナイトゲーム。試合開始には間に合わず、着いたのは増川が入ったあたり。
当然、ゆたぽんの素晴らしいと言われているゴールは見られなかったです。
前半終了間際は福岡が押してました。ベンチーニョのCKってやっぱ怖いですね。
雨はどんどん強くなる中、後半へ。後半開始時からも福岡に押し込まれてしまいます。
しかし雨が降ってることもあり、お互いにボール扱いに正確さを欠き、なんとか助かる感じに。
そして三浦監督が最初に切ったカードはゆたぽんに替えて斉藤というものでした。
4-1-4-1にして守りに入ろうとします。これで守りきれるなら、ここまで苦労してない大宮さん。
76分に久永のシュートをGKが弾き、こぼれ球に詰めていた金澤の決定的なチャンスも
GKに弾かれてしまいます。これが凶兆だったようです。
78分、増川がトニをブチ破り、見事なシュートを突っ込んで同点といういつものパターンが。
さらに81分にはCKからまた増川。雨の中、最悪のパターンが発動。
呆れるオレ、キレる一部のお客さん、帰るオッサンなど様々な人間模様が見られました。
こうなりゃ攻めるしかない大宮はサトシを投入し、トニを前に上げ同点、逆転を狙って突き進みます。
そしてロスタイム、なんだかんだでゴール前の混戦からバレーが同点ゴール。
喜ぶバレー→喜んでるヒマねぇと怒られるバレー→シャツに何か書いてあったのに見せる間もなく
しまって試合に戻るバレーという一連のショーの後、ロスタイム4分もあったので攻めましたが
そう簡単に追加点が奪えるわけもなく、最後の冨田のロングスローも藏田にクリアされて試合終了。
追いついて引き分けたんだから、まだマシな方かな?いや1-0か2-0で勝てる試合だと思ったけど。
シュート数は圧倒してるし、早く2点目をって感じだったけど、結局同じパターンにハマる。
もう1点を守ろうっていう発想を消しちゃったほうがいいのかもね。無理だろうけど。
前半終了時にリードしていた試合で無勝ってのはある意味スゴイよ。

とりあえず思ったこと
・こりゃ替えるべきは右サイドの人だなと思った。
 せっかくいいパスカットして抜け出してもモニョモニョな結果に終わっちゃうんだもの。
・シマはなかなか良かったと思う。チャンスを掴みたまえ。
・トニが増川に負けまくっていた。およよ。
・スタンドで傘差す時は、後ろの人のことも考えよう。空いてたからまだ良かったけどさ。
 係員の人もさすがにスーツ着て傘だけしか持ってない人に、差すなとは言いにくいだろうし。

Comments
Post a comment












Remember personal info?