›5 07, 2004

水戸戦観戦記

やっと書きました。
チャンピオンズリーグかよ!ってくらい深い時間にやるんだもんなぁ。
しかし何度やっても負けるってわかってる試合を見るのは気分乗りませんね。
磯山だけについて書いた観戦記じゃないですよ。

続きを読むでどうぞ。

5月5日 第10節 VS水戸ホーリーホック 笠松総合運動公園競技場 ●0-2

泥沼の手前。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 若松大樹 3
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 斉藤雅人 15→58分 盛田剛平 14
MF 金澤プリンス慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 久永辰徳 16→54分 喜名哲裕 16
FW 高橋泰 9
FW 横山聡 27→46分 バレー 11

水戸
GK 本間幸司 1
DF 木澤正徳 2→89分 川前力也 4
DF 柴小屋雄一 20
DF 森直樹 5
DF 伊藤仁 22
MF 関隆倫 8→81分 眞行寺和彦 29
MF 谷川烈 6→89分 はた賢二 7
MF 栗田泰次郎 14
MF 磯崎敬太 17
FW キモリ 10
FW 磯山和司 11

得点 56分 水戸 谷川烈
   61分 水戸 磯崎敬太

前半、水戸のプレス早いなー。こんなんでなんで4点も獲られんのよ。
磯山が右サイドでキープして、その間にその横を関が上がっていき
磯山が前にいた磯崎にパス、それを関にはたいて、関がいいクロスをあげて
それに左サイドバックの伊藤が飛び込んでくるという見事な攻撃。外れましたけど。
これ連敗中のチームですか?J2は恐ろしいところだ。
いやしかしセットプレイの守備ヤバイね。研究されまくってるんじゃないの?
後半。やや大宮に流れが来るが、久永が負傷退場。
そしてFKのコボレ球を谷川に決められて失点。谷川だけボールに反応。
あと全員見てるだけ〜になってしまいましたね。
さらにその失点の直後、今度は斉藤が負傷退場。モリツァが出てきます。
攻撃にと思いきや、磯山にドリブル突破され、1対1は安藤が止めますが
磯崎に詰められて2失点目。磯山が止められるのはお約束ですが、詰めてりゃ問題ない。
その後はやや攻めますけど、結局1点も獲れずに負け。4敗目を喫しました。

とりあえず思ったこと
・バレースタメン落ち。悩みは深いのか。
・負傷退場が2人。これは痛い。
・バットマン冨田登場。
・金澤は頑張ってた。そういやサッカーai読みましたよ。
・関ってコーナーも蹴ってんだね。
・磯山も磯山らしく?頑張ってたね。

Comments
Post a comment












Remember personal info?