›4 04, 2004

桜の木の下

桜満開
桜も満開の大宮サッカー場です。いやぁ1年で1番いい風景ですねやっぱり。
スカパーの録画も見直して観戦記を書きました。
シュナ潤の手は大丈夫でしょうか?ちょっと心配。

桜がとてもキレイでした。お客も多いし負けられない。

大宮
GK 安藤智安 1
DF 若松大樹 3→60分 木谷公亮 13 
DF トニーニョ 4
DF 奥野誠一郎 2
DF 冨田大介 5
MF 斉藤雅人 15
MF 金澤プリンス慎 23
MF 安藤正裕 8
MF 喜名哲裕 6→72分 久永辰徳 16
FW 高橋泰 9
FW バレー 11

鳥栖
GK シュナイダー潤之介 14→59分 藤川康司 21
DF 朝比奈伸 2
DF 佐藤陽彦 27
DF 加藤秀典 13
MF 鈴木勝大 8
MF 本橋卓巳 10
MF 小石龍臣 23
MF 伊藤彰 19→79分 村主博正 6
MF 竹村栄哉 18
FW 佐藤大実 7→46分 はばたけ羽畑公貴 20
FW ナルヲチョッキ 9

得点 82分 大宮 金澤プリンス慎

桜も丁度見ごろの大宮サッカー場。試合開始ちょい前に行ったら
メインの席は空きが少なく、結局鳥栖寄りの端っこで観戦。
6011人も入ったそうですよ。花見客が多いとしても結構入ったね。
こんなひ入ったんだから今後のためにも勝たなくてはいけません。
ということで試合開始から主導権を握る大宮。
前半はバレーが何度も抜け出しますが、相手の体を張った気合の守りと
自らのシュートミスにより得点出来ず。1回でも決めてればもっと楽になったのに。
対戦したアキラの怨念が乗り移ったのでしょうか?アキラも竹村も元気でしたね。
後半も攻めるものの点にならず。初先発の高橋ゆたぽんのシュナ潤を破壊した
惜しいシュートもありましたが、どうしてもゴールが生まれません。
引分けの匂いもしてきた82分、ゴール前でバレーが粘ったボールを
金澤が素晴らしいミドルシュート。開幕戦以来の久々の得点です。
結局このビューティフルゴールが決勝点となって見事大宮開幕戦初勝利。

とりあえず思ったこと
・とりあえず大宮で席探したの初めてです。遅く行ったにしても驚いた。
・「アキラは元気か?」「アキラは最高!」「竹村元気か?」「そこそこ最高!」
・安定していた守備陣。最大のピンチは斉藤先生がカバー。
・今日のGK安藤。かなり良かったんじゃないでしょうか?神になる場面もナシ。
・木谷のボレー2連発。もし決めてたら「完全に狙ってました」と言ったはず。
・後半も終盤、足つってる鳥栖の選手がいるなーと思ったらやっぱりアキラでした。
・そういや闘莉王見に来てたらしいっすね。冨田に見に来てって言われたらしく。
自分とこのはいいのかという気もしますが(笑)
・なんとか勝利したので、次の甲府戦も頼みます。信玄公祭りなんだって。

Comments

特に質問できる人もいなかったのでここにさせていただきますが、金澤選手は何故に「プリンス慎」と呼ばれているのかご存知だったら教えてもらえますか?

Posted by: なんとなく at 2004年04月05日 12:06

私も正確にはわからないんですが
ユース出身の生え抜きでテクニックのある選手だからかなぁと。
生え抜きってとこが一番重要なんだと思います。

Posted by: トライ at 2004年04月06日 10:08
Post a comment












Remember personal info?